2018年12月31日

ヤマダ氏、2018を振り返る☆3

今年も大晦日の12月31日でございます。泣いても笑っても今年最後の更新と相成りました。
おせちの準備をしているママさんも仕事が納まらない社畜エリートのみなさんも、等しく終わりはやってくるものでございます。

というわけで、今年最後のブログ更新。
昨日は今年の新作でしたが、一方で2018年は表紙のリニューアルに力を入れてみました。
そもそも去年2月の新作「風、めぐりくる」で、なかしまなぎささんに表紙を依頼したのがきっかけで、その時はPC故障のせいだったんですが怪我の功名で、「これイケるやん」みたいな。セールスも労力も税金対策もプロモーションも良いことだらけということに気づいちゃったんですね。



で、最初にやったのが「テーブルの上のスカイラーク」。これは分冊版も廃止と合わせてのリニューアルでした。名残惜しかったんですが売り上げ推移を見る限り決断せざるをえなかった。で、「ヤルダバオートの聖域」でもお願いしたRangerさんに描いていただくことになりました。結果、爽やかですごく良い表紙になりました。もともと緻密に魅力的な人物を描く方で、前からマークはしてたんですよね。すごくポップな面とアナーキーな面が同居している方だな、と。原作を読み込んで描いてくれたのが嬉しかった。
前のも何気に嫌いではなかったんですが、やっぱりこっちの方が良いなあ、と。
セールスも一気に改善しましたし、これで思い切って動けるようになった感じがします。
ただ、Rangerさんには、私の経験不足と説明不足で何度かリテイクさせてしまったのが申し訳なかったな、と。



それで「山彦」の統合版。こちらは分冊版を廃止せずのリニューアルです。これは橘冥紗さんの作品。予定にはなかったんですが、橘さんが是非と言ってくださったことで実現。これもやってよかったです。BL系のマンガ描きで可愛い男の子や耽美的なお兄さんがすごく得意な方でですが作品の雰囲気を考えて「綺麗過ぎないように」とリクエストした記憶があります。
結果、シンプルだけどすごくバランスの良いロングセラーにふさわしい表紙になったと思います。
ちなみに橘さんからは黒ベースのバージョンも提案されていて、そっちと死ぬほど悩みました。黒の方がインパクトがあってカッコいいんですよ。ストアでは目立つだろうし。ただ長い目で見て今の方かなあ、と判断しました。





次にお願いしたのは、「団地のナナコさん」と「ユイカ」。ナナコさんは最初にKDPでリリースした作品でしたが全く売れず、「山彦」のヒットに合わせて自作でリニューアルして多少動くようになったんですが、それでも表紙に不満があったんです。なんか違う。一方のユイカはセールスがしんどかった。角川ホラー文庫風味のクワガタは、あの作品の不気味さを表現できてたつもりだったんですが売れなかった。クワガタの表紙は「気持ち悪い」が最大の褒め言葉なんですが、ほんと売れなかった。
それで同郷のなかすさんに依頼。観察力のある方で人物はもちろん風景を描ける上に、舞台のロケーションもだいたい知っているのですごく話が早かったです。
ナナコさんは80年代の新津の雰囲気が出た牧歌的な表紙になりましたし、ユイカは綺麗なのに不穏で事件性を感じさせる表紙に仕上がりました。どちらも作品世界をよく伝えてるなあ、と。

結果的にどれも成功で、今後も新作や旧作に関わらず積極的に頼めるところは頼んでいこうと思います。とはいえケースバイケースですよね。短編くらいは自分でやってもいいかなと思うし。
本当は「ピーカブー!」と「怪物少女フォーエヴァー」を統合し表紙をリニューアルするプランもありましたが諸事情で中止にしたり、積極的に進めつつもコスパやら、その後の展開との整合性を考えないといけないのかな、と。
あとリニューアルについては現在進行形で依頼しているものもありますが、それはだいぶ先になりそうです。点数も多いですし。

そんなこんなで今年の更新は以上です。来年の話は、また次の機会にでも。
それでは良いお年を。
ラベル:雑談 Amazon
posted by ヤマダマコト at 13:19| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: