2019年07月28日

ヤマダ氏「ファイアーエムブレム風花雪月」を買う

ヤマダがファイアーエムブレム風花雪月を買うために最寄りのゲームショップに立ち寄ったのは、発売日の翌日、正午過ぎだった。
前日は痛恨の残業がぶっ込まれ、店の営業時間に間に合わず断念した憐れなオッさんは、「開店直後に店に突入するのは大人の余裕がないのでダサい」というくだらない見栄のために、わざわざこの時間をチョイスしたのである。
また、心に余裕もあった。数年前の「if」の反省から5月のうちに限定版を予約。財布の中に予約票を常備していたのである。発売日に有給休暇を取得しダウンロード版を購入し浮かれるフォロワーのツイートを穏やかな心境で眺められたのも、その余裕ゆえだったのかもしれない。

そもそも、なぜ限定版なのか。
それは、このヤマダという男が相変わらず無頓着で、発売日以外の情報をろくに知らないままゲームショップに行き、店員の説明を聞き流し、いつもの「いっちゃん良いヤツくれや」のメンタリティを発揮したためである。ぶっちゃけ「普通ので良かった」と予約後に少し後悔もしたが、割とどうでも良かった。
だいたい限定版といえばクリアファイルだの微妙なサウンドトラックだのが付いてくるのだが、そういうのは、どちらかと言えば欲しいものでもない。さすがに40歳になろうかというおっさんが持つべきではないだろう。例えばPTAの役員会で、予算書をしまうクリアファイルがファイアーエムブレムだった日には、そのテのものに理解のない保護者の皆さまに白い目で見られかねない。とはいえ、不要なら長男にプレゼントすればいいものでもあるし、まあ、任天堂さんへのご祝儀だと思えば良いと考えていた。



今年は改元もあり5月の10連休の影響で新潟県内の多くの小中学校は夏休みが短めなのだが、それでもさすがに7月27日ともなれば大半の学校が休みに入っており、ゲームショップは家族連れやカードゲームに興じる男子中学生らで賑わっていた。
特に目を引いたのが6年生くらいの男児3人連れ。果汁グミを袋から直食いしつつ、「今度のポケモンすげえぞ」など騒いでいる。少子高齢化が進む昨今、日本の未来を担う彼らだが、今はただただ鬱陶しい。
「お前ら、ゲームなんて遊んでないで外で遊べ」と自分のことを棚に上げ、心の中で文句を言いつつ、ヤマダはレジに一目散に向かう。
店員は六角精児風の同世代のおっさん。正社員かバイトなのか分からないが、ひとまず安心する。そして、「そうだよ! 俺たちが支えてるんだよ、この国をさ!」というなんだかよくわからないシンパシーを感じつつ、予約票を渡す。
この六角精児で良かったとヤマダは心から思う。これがイケメンだったら、勢いで「子どもに頼まれたんで」と言いながらカモフラージュ用にマリオメーカー2まで買ってしまいそうだったからだ。それは28年前、近所のデイリーストアでファミコン通信をカモフラージュにデラべっぴんを購入した思春期の頃に重なる。でも大丈夫。この六角精児は分かってくれる。彼は信じられる。
そして、ヤマダのインスピレーションは間違っていなかった。彼はカウンターの下から「ファイアーエムブレムの限定版ですね」と微笑みつつ商品を出してきた。
しかし彼が両手で抱えてきたのは、そう、ゲームソフトとは思えない、30年前の1/100ゼータガンダムのプラモボックス並みの巨大な代物だった。

「マジか」
「やべえ、ありえね」
その時、ヤマダの心を代弁するかのように背後から声がした。
振り返ると、そこにいたのはさっきの男児3人連れであった。そのクチャクチャ動く口の中には明治果汁グミが見えた。
ラベル:FE ゲーム 日記
posted by ヤマダマコト at 19:42| Comment(0) | その他エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: