2019年08月09日

KDP小説「仮想美少女シンギュラリティ」についての考察

というわけで、久しぶりのKDP本レビューはバーチャルYouTuber(VTuberって言うんだっけ)のバーチャル美少女ねむ作「仮想美少女シンギュラリティ」。
実は結構前に読み終わっていて、私の読んだ本の中では、間違いなく今年のKDP小説を代表する作品のひとつになると思ったし、どこかでレビューを書いておこうと思ったけど、なんというか純粋な小説としての書評でいいのかどうか迷ってるうちにプライベートがバタバタしていて書けずにいたという。だいたい自分の作品でアップアップしてるわけでして、そこまで頭が回っていなかった。
ただ、もう上半期も終わったし、そろそろ書かないといけないな、と思いポチポチ書いてみた次第です。
小説のレビューは後半で、前半はその取り組みに対する感想を書いていきます。



とりあえず、バーチャルYouTuberとしての彼女のコンセプトとかはおいて、その取り組み自体がすごいですよね。
私は詳しくないのですが、彼女はそもそもバーチャルYouTuberとしてすでに第一線で活躍しているわけで、その上でKDPを使ってKindleストアに進出してきた。それも「バーチャルYouTuberが書く小説」として、バーチャル美少女ねむの誕生から現在までを、現実とリンクさせつつ、SFとして描くアイデアがすごいな。と。
その時点で、企画力の勝利だと思うんですが、その表紙依頼料やら執筆の諸経費をクラウドファンディングを使ってファンから集め、さらにプロモーションに活用するという。ていうか、ここまで周到に準備してKDPに取り組んだ人見たことねえぞ。
それでもって結果も出ていて、カテゴリーランキングで上位に来ているし、よく見かける。

今までKDP小説書いてる人って受け身だったわけですよ。せいぜいTwitterで宣伝しまくって、人の企画に乗っかって「露出アップ!イエイ!」みたいなもので、ここまで自分のターゲットを分析して戦略的に動く人はいなかったと思うんです。そういう意味でエポックメイキングというか、やっぱ向こうの業界はすげえな、と。これくらいの行動力がないとダメなんでしょうね。人と足並み揃えて「セルパブの今後」とか論じてる場合じゃねえぞ、と。みんな頭使って個々に動いていくべきなんだろう、と。
そういう意味で、「KDP界の黒船」と言って良いと思うんですよ、私は。別にリアディゾンの話じゃないですよ。なんちゅうか、異文化からやってきた黒船っすわ。みんな目覚めろ、と。だいたいさ、ねむちゃんwiki持ってるんだぜ?
多分、これからもこういう動きは加速してくるだろうし、そろそろKDPでも個々の作家が知恵を絞って動かないと、厳しい時期が来たんだろうと思います。いや、マジで。

それで、ここからは小説そのもののレビューなんですけど、ぶっちゃけよく出来ています。ちゃんとSFになっているんです。最初は渡辺浩弐がファミ通で連載してたSF読み切りの「2000年のゲーム・キッズ」っぽい、読みやすい電脳系のエンタメと思いきや全然そうじゃなかった。
むしろ「ISOLA」とか最初期の貴志祐介や「リング」の鈴木光司っぽいテイストがそこはかとなくあって、黒い背表紙の角川ホラー文庫で育った身としては、かなり親近感がありました。「噴火で住めなくなった伊豆諸島の外れの島」って、なんかもうそっち系じゃないですか。
その島の巫女や女神みたいな土着的な話がバーチャルリアリティ、さらにバーチャルYouTuberと絡んで、単なるSFで終わらないスケール感がすごく心地よかった。その凝ったストーリーがちゃんと、現実とリンクしてるのも上手だなと。
ただ、個人的には、最後は土着的な部分が若干弱くなって綺麗にまとまりすぎたというか、SFの枠に戻ってしまった感じが残念な気もしました。もっと伝奇ファンタジーと融合してスケールの大きな物語になるのかと思っていたし、そういうのが好みなんですよね。母親の血筋とか伏線もいっぱいあったし。
ただ、あの含みのある終わり方からして続編がある気もするし、そちらに期待したいです。きっと、もっとスケールの大きな物語になるんじゃないかと。
posted by ヤマダマコト at 20:25| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: