2019年09月01日

話題のBOOK PORTについて諸々

なんとなく、最近、インディーズ文学で話題の「BOOK PORT」について。
この手の時事ネタなんてらしくねえな、と思われるかもですが、先日、Vtuberのバーチャル美少女ねむさんのKDPの戦略とか見ていて、やっぱりあの行動力というか、適切なマーケティングに基づく合理的なフットワークを目の当たりにして、少しずつでも近づいていきたいなと思ったんですよ。別に美少女に近づくわけではないっすけどね。尿酸値高めだし。
ということで、ツイッターで起業したオタクペンギンさんこと近藤氏にDMでいくつか質問した上で自分なりの感想をまとめてみようと思いました。
※あくまでKDPユーザーの視点なのであしからず。

その前に概要から。
「BOOK PORT」は、現在、立ち上げ準備のためのクラウドファンディングが進められている小説販売プラットフォームだそうです。ていうか、投稿サイトなのかもしれない。そこら辺は不透明な模様です。
とりあえず、このクラウドファンディングのページを参照のこと。

https://camp-fire.jp/projects/view/190315

印税率という言葉が出てくる以上、電子書籍の販売を主体に考えている模様です。
で、インパクトがあるのは印税率の87%ですよね。KDPで独占契約結でも「定価250円以上限定」でようやく70%と考えれば、とても魅力的です。
また、独特なのは、「書き手目線」を意識していること。読み手と書き手のマッチングに力を入れたいようです。というか、普段から角○やらハ○カワの公式セールに殺されかけたり、商業やら同業者と血で血を洗う死闘を繰り広げている「売れたもん勝ち」のKDPユーザー的には新鮮だなと思うんですよね。
どうも「小説で食える環境づくり」が第一義な模様で、多分、ビジョンとしてはKDPのように「競争に勝ったひと握りの作家が」という枕詞は付かないんでしょうね。
結構、賛同者が多そうだなと思うし、今もいわゆる「小説家になろう」が人たちが熱い支持を寄せている模様です。カクヨムについては、秋から収益化に対応するそうだから、ユーザーはそっちとの比較になるのかもしれない。
ていうか、目標の200万円にあっさり届いたのも凄い。みんなの期待の高さがうかがえます。

ポイントとしては、プロアマ問わず個人で作品発表するインディーズのためのストア(あるいはサイト)になるということ。
現状、最大手のKindleストアはあくまで商業出版がメインであり、そのせいで競合がめちゃくちゃ手強いというか、カスタマーレビューで宮部みゆきと比較されて叩かれたりする諸行無常なんですが、一方で主力が商業だからこそ圧倒的なユーザー数があり、プロモーションで対抗したり、商業との差別化に成功すると収益化できるんですよね。
一方、BOOK PORTはプロだろうがアマだろうが個人作家のみ。競合はないけど、市場がどの程度広がるかが成功の分かれ目なのかな、と思います。
奇しくも角川のBOOKWALKERが同じで「インディーズ」を分けている。あっちがカクヨムからの流入に力を入れているのもあり、「なろう」系に関心の高いBOOK PORTはちょっと似ている気がする。どっちもラノベ系が強そうだし。

んで、ここからはちょっと近藤氏との質疑応答抜粋。


Q. サイト形式なのか、電子書籍の販売ストアなのか。だとしたらフォーマットは何を考えているのですか?

A. そちらまだ結論が出ていないんです。
エンジニアから言われているのはセキュリティを取るのか利便性を取るのかで変わるという話です。ブラウザであれば、例えば刊行された後に誤字脱字を直すことはできます。ダウンロードだと再度ダウンロードし直してもらう必要がでてきます。僕としてはセキュリティは前提に、最も利便性が高い方法を採用したいと思ってはいます。なので今、エンジニアの方に他の方法はないかを探して検討してもらっているみたいな状態になっています。

Q. 1冊あたりの単価はどのくらいを想定していて、最低価格はいくらにするつもりでしょうか?
インディーズ系電子書籍ストアは、作者による最低価格による競争になりがちですが、BPの印税率や消費税を考えると100円程度での販売は難しいように見えます。

A. 1冊の単価ですね。推定平均はおそらく350〜500の間で推移するだろうと思っています。【1冊あたりの文量にもよりますが】
最低価格についてはちょっと悩んでいまして、今後海外でもBP内の本を翻訳したものを売れるように広げるつもりなので、100円(1ドル)とかにしておかないと手続き上面倒なことになるんですが、例えば不定期のイベントなどの時に作品10円セール!とかはやりたいと考えています。
またユーザーからの反応を見て、変わってくる可能性も全然あります。

Q. 著作権の関係は作者にすべて帰属させるようですが、これは他サイトや他ストアで同じものを多販路で流通させても問題ないということでしょうか?

A. そういうことです。
極端な話、例えばBPで販売している本を他の出版社に持っていって書籍化したり出版社主催のコンテストに応募することもできます。

Q. あと、Kindleストアで商業本を買いに来る人たちではなく、「なろう」のいわゆる「読み専」の人たちをターゲットにしているように見えますが、その認識で合っていますか?

A. ちょっと違いますね。
今回のターゲットは「面白い小説が読めるならお金を払うという文化を持っている人」です。
なのでKindleなどで商業本を買いに来る人たちはがっつりターゲットになります。で、僕もそうですが「なろう」を利用しているユーザーは2種類いると考えていて、「無料だから読んでいる」層と「面白い小説を探していたらなろうにもあるから読んでいる」層です。僕自身はこれの後者で、商業本も買いますし、なろうも面白いものならかなり読んでます。
ここの層が今回のターゲットですね。

Q. なるほど。イメージとしては、ご存知かわかりませんが角川のBOOKWALKERインディーズに近いのかなと。
多販路の件もそうですが、他サービスとの差別化が勝負になると思います。「なろう」で同じものが無料で読める中で有料で販売する以上、ユーザーに対しての付加価値が必要だと思いますが、何か考えていますか?

A. 差別化というと「作家」にとっての差別化と「読者」にとっての差別化があるんですよね。
「作家」が求めているのは「どれだけ売れるのか」ですし、読者が求めるのは「他にはない作品に出会えるかどうか」です。この二つをユーザーが実感できれば自ずと勝利につながるとかんがえてますよ。


とのことです。
ここら辺のニュアンスをどう捉えるかは人それぞれだと思います。私個人としては、やっぱり「インディーズにお金を払ってもいい」という人がどれだけいるかだと思うんです。KDPだって、読み放題導入前は、無料キャンペーンするたびに「有料の壁」を感じたわけで、そこをどう乗り越えられるか。そんな感じなのかなあ、と。
とはいえ選択肢が増えるのはいいこと。Amazonとそれ以外の販路の収入が5:5くらいになるのが理想なんですよね。
競争が激しい分野ですが、ちゃんと軌道に乗ってもらえればと思います。
posted by ヤマダマコト at 18:32| Comment(0) | その他エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: