2020年06月08日

ヤマダ氏、ゼノブレイドばっかり遊んでる

案の定、ゼノブレイドED、じゃなかったDEばっかりやってます。ヤマダです。
ゼノブレイドは3DSで遊び倒して本当に気に入っていて、2のために自分用のswichを買うくらいで、今回のリマスターも余裕の発売日買い。



割とスタンダードな一本道ストーリー重視のRPGなわけですが、凝ったフィールドがすごく好きなんですよ。2なら作り込まれた個性的な街をぶらぶらするのが魅力だし、このDEなら巨人の身体の上にできた異形の大地を探索するのが楽しい。見えるところは書き割りの背景じゃなくて地続きでだいたい行けるんですよね。飛び降りればどこまでも落ちるし。
そこに住む人々との交流も会話やサブイベントを通じてたくさんできるんですよ。ストーリー重視のRPGって「だったらドラマや映画製作のプロに任せて、映像作品にすれば良いじゃん」っていうのも最近は多いんですが、この作品世界への没入感というか、長時間触れ合うことでの世界に対する感情移入のおかげで、映画ではできない盛り上がりができてくるんですよね。
それにアートワークが凄い。ゲームのグラフィックってマシンの性能によるリアリティじゃないんだな、と。
物語の序盤にガウル平原という巨人の膝に広がる大地に降り立った時、空を見渡すと巨人の上半身がうっすら見えるんですよ。ちょっと感動するんですよね。それ以外にもファンタジー世界ならではの非日常のロケーションがいっぱいあって、それを眺めているだけでも楽しい。
自分の記憶の中の現実に見た風景と重なって奇妙な既視感を覚える瞬間もあるし、森とかのフィールドは明らかに東日本の山中の広葉樹林がモデルっぽくて作り手の里山の原風景への憧れみたいなのが伝わる場面もある。今回はまだ到達していないけど、エルト海は前世で行ったことがある気さえするんですよね。なんか潮風の匂いも分かる気がする。
一本道のRPGとしても往年のスーファミ黄金期的なスケールの大きな王道スタイルで面白いし、すごく面白い。音楽も戦闘もとても良い。でも、最大の魅力はこの世界なんだろうな、と感じます。

個人的に昨今の専用ハードのRPGって、時代のニーズなんでしょうけど、探索や謎解きがどんどん省かれていって、育成と収集、それに戦闘を軸にストーリーと音楽さえ良ければオッケーみたいな感じがするんですが、ファミコン世代の私としてはなんか違うんですよね。街の人の話を聞いてフィールドをくまなく探索していきたいし、育成も収集もあくまでクリアのための手段であって欲しい。
クリア後のやり込み要素みたいなのも好きじゃない。面白ければ自分で遊び方を考えるわけだし。
少数派かもしれませんが、ゼノブレイドDEはそういう人には刺さるだろうなあ、と思います。謎解きはあんまりないし、クリア後のやり込み要素も山ほどあるけど、それでも昔のRPGの延長線にあるゲームな気がするんです。
もっとこういうゲーム増えてくれないかなあ、と思いつつ、夏の終わりくらいまで遊び続けている予感がします。追加ストーリーもあるし。

以上です。小説の話?
大丈夫、順調に進んでますって。
ラベル:ゲーム SF 雑談
posted by ヤマダマコト at 18:24| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
作品について気になった箇所
こちらのブログに書き込んでよろしいでしょうか?

宵闇天化 上
第4章復讐の刃
で高岡が加茂から新潟に向かう途中の描写。
田上町羽生田跨線橋の下を通ってるのは
羽越戦ではなく信越線です。

それから
同シリーズ下で大槻達がボートで川を逃げるシーンで
初めに関屋分水から海に逃げようとして阻止される
とありましたが、関屋分水路と海の境には、大きな堰の様な物があって水路的には行き止まり状態で、直接海には出られない構造になってます。

細かいことですが、地元なのでお伝えしておきます。
ヤマダさんの作品楽しく読ませていただいています。
Posted by 柴田 at 2020年06月13日 23:21
ありがとうございます!こちらで確認して出来る限り訂正させていただきます。いつも読んでいただきありがとうございます
Posted by ヤマダ at 2020年06月14日 09:48
コメント目を通していただいてありがとうございます😊

JR路線名はともかく
関屋分水に関しては実はこうなんですよ、という程度のお知らせですから、お気になさらずに。
ちょうど新潟が舞台の2時間サスペンスを見ながら「さっき映ってた町から今の場所まで車で半日かかるよね〜」
って笑い話にするレベルの事ですのでw

それより、なんと我が家の近くを大槻達が逃走してたなんて…知ってたら双眼鏡で監視して通報したのに!
と歯噛みする様な気持ちで読んでました。
楽しい小説をありがとうございました。

Posted by 柴田 at 2020年06月14日 16:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: