2020年06月27日

今後書く「海彦」について

表題の通り、少し考えて「海彦」のプロット組み始めました。正直、予定としては来年以降だったし、執筆しても情報は出さずにリリース間際で「タイトルは海彦で」とサプライズ発表するつもりでしたが、なんだか書きたい気持ちが大きくなってきたので、選挙小説リリース後はこいつで行こうと。
なによりUSBメモリーの洗濯騒動で数日空白の時間ができてしまったので。何もしないのは落ち着かないですしね。
それにようやく取材できそうだし、舞台も2020年夏にしたいし。なにより自分の気持ち的にタイミングはここだな、と。
まだ春に勇魚神を出したばかりでなんかタイトルも被るんですけどね。正直、あのクラスの物量を続けるのはつらいけど、書きたい気持ちの方が上回っている感じ。
まあ、プロットができればボリュームも見えてくるし、リリースタイミングも見えてくるけど、まだそこまではいかないだろうと。

ちなみに舞台は岩船郡の粟島浦村がメインで、異界往還モノの要素が強め。ラノベ的な異世界転生っぽい流れも取り込んでみたいな、と。どこまでできるかわからないし、そのパートだけ別に異世界ファンタジーとして構築するかもですが。
「山彦」は山の民である「ヤツカハギ」の物語でしたが、今回は死の世界のほとりにある隠れ里というか仙郷「維縵(ゆいまん)」にまつわる物語的な感じです。「ニライカナイ」とか「根の国」とか「バイストンウェル」的なアレっす。
その辺のディテールは結構、自分らしい解釈にしていきたいな、と。他のファンタジーではあまり見ないような世界観を示せれば良いな、と。

テーマ的には、山彦は「サンカ小説を書く」という明確なものでしたが、今回はちょっと違うかも。同じようなディテールにこだわった伝奇ホラーファンタジーではあるんですけどね。
勇魚神とも違います。あっちは、「新津」というまちを描くことに重点を置いたのですが、今回はそういうわけでもないです。
山彦みたいな社会科学的なSFというわけでもなく。そういう意味ではスケールの大きさを除けば王道の伝奇ファンタジーになるんじゃないかな、と。
割とドロドロした恋愛要素とか復讐劇が絡む感じで、ある意味でこのジャンルの王道かもしれない。

そこがネックで、やっぱりタイトルからして「山彦」の続編かと思われるかもしれないのが1番怖いです。タイトルを合わせた同じ伝奇ホラーファンタジーという共通点しかないですし。
読んでくれた方のご期待に添えるかどうか。



なお、山彦はこちらから。上巻はPrimeReading対象です。
posted by ヤマダマコト at 18:07| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: