2020年07月22日

進捗とか次の短編の話とか

というわけで新作「うちの親、出馬するらしい」の初稿が上がりました。やっぱり「テーブルの上のスカイラーク」と同程度のボリュームです。内容はこれまでに紹介した通り。
今回は本当にボリューム以上に苦労しました。今までにやったことのない取り組みが多くてお蔵入りを考えた瞬間もありました。それでも最終的には、ほぼ予定通りに終わらせられたのは良かったです。

今後は8月までは短編のプロットを書いて、原稿を寝かせた後、出版に向けた推敲に入って8月下旬にリリースする予定です。その後は「海彦」に突入という感じ。
で、早速短編のプロットをまとめているのですが、これが好調で、3本入りのパッケージで海彦の執筆中の繋ぎとして出すか、と思っていたんですが、1作くらいは海彦執筆開始前に完成しそうな勢いです。
なんで、どうせ年内リリースは微妙なので1作だけほかの形で発表しても良いかなあ、と思っています。残り2作でも本に出来ますし。理想は丸投げです。
もし、年内にファンタジーやホラー系のアンソロジーや企画ものを出版予定の個人や団体で「載せてやっても良いぞ」という声があれば乗るかもしれないので、お気軽に声をかけていただければと思います。



しばらくは小説もペースを少し緩めてゼノブレイドDEをまったり遊びたいです。
posted by ヤマダマコト at 12:23| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: