2020年10月24日

進捗&「黄泉ヲ裂ク華」買ったった

進捗。
といっても何もないのですよね。「海彦」の執筆ペースはまずまず。ぼちぼち9万字弱?そろそろストーリーが加速する感じです。今回はかなりドロドロ。ミステリ要素はほぼゼロですね、はい。
まあ、地道に書いています、ハイ。
来月の中旬には中断して、今度は年末リリースの短編の作業を進めていくイメージです。そっちも表紙を外注したので少し時間に余裕があるかも。
終わったら、また年明けまで延々と海彦執筆と。
去年は転職→初の青色申告とハードでしたが、今年は勝手を知っている分マシかなあと。
来年の執筆スケジュールもだんだん見えてきてはいますが、今から話すことでもないですしね。言えるとしたら、短編を挟みつつ色々飛ばしていくというか、そんな感じかなあ、と。著者セントラル見ると、ある程度は品揃えは揃ってきた感じもするしあんまりラインナップを気にしなくてもいい気もしてきた次第です。

それ以外だと、11月にいくつか面白い話題があるかもしれない。確定じゃないからなんとも言えないけど。

あとはゲームについてはゼノブレイドDEの追加シナリオが大詰め。次はメガテン3買おうか、とかこの間保護したデビルサバイバーやろうかとか、はたまた溜まってるスマホゲームとか色々あって、どこから手をつけていいかわからない中で、何を血迷ったか買ってしまいました、これ。



いわゆるwizクローン系のダンジョンRPGなんですが、1979年の東京が舞台というのがすごくユニークで好みだったんですよね。私の生まれた昭和54年。何か運命を感じるし。wiz系はスマホのアビスアンドダーク以来だし。なんていうか、この世界観がイカす。ここのメーカーのwizクローンは結構出来が良いですしね。

なんとなくPCEのダンジョンRPG「ラプラスの魔」を思い出しました。wizクローンではないんですけどね。1920年代のアメリカを舞台に幽霊の出る洋館を探索するRPGなんですが、すごく好きだったんですよ。モンスターを戦闘中に撮影して心霊写真を売って稼ぐシステムとか、探偵、霊能者、ジャーナリストみたいな職業とか。ちなみにジャーナリストは撮影系のスキルがあって質の良い写真が撮れるんですよ。こっちもまた遊びたいですね。
あれです。メガテン3は欲しいけど、PS2で普通のもマニアクスもやり倒したもんなあ、という気もするし、後で良いような気がしてきた。
ラベル:雑談 進捗 ゲーム
posted by ヤマダマコト at 21:02| Comment(0) | その他エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: