2020年11月03日

年末リリースの作品について等

11月になりました。もう残り2カ月かよ、って感じですね、2020年。
月も変わったので、私も長編「海彦」の執筆を一時中断し短編を書いています。年末に出す予定の都市伝説をテーマにした3本の短編集です。
すでに2作は8月後半の少し空いた時間に書き上げていて、今は残りの1作を書いている感じです。プロットも8月には全部できていたので作業は順調です。
テーマは「トイレの花子さん」「人面犬」「ケサランパサラン」です。
花子さんについては「団地のナナコさん」のベースとなったケータイ小説時代の短編「トイレの花太郎くん」のカスタム、人面犬については某「牛」企画に誘われた時に思いついたネタの流用ということで、どっちもすぐに書けたんですよね。で、このケサランパサランだけは完全に一から書き上げているという。
どれも割と自信はあるのですが、読後感が似たようなものばっかりなのがちょっと引っかかるんですよ。都市伝説とか学校の怪談がテーマということで、あえて日本各地の民話の定型に落とし込んだんですが、するとどうしても、こんな感じになってしまうというか。1作くらい弾けたものがあっても良かったかも。
ボリュームはいずれも私の短編としては軽め。なので価格的には150円から190円の間くらいかな、と思っています。



ゲームについては、3DSの「デビルサバイバー オーバークロック」をちまちまと。DS版を相当遊び倒したんですがいつのまにかソフトがどっかいってたんですよね。未プレイの2の3DS版と一緒にゲーム屋の中古の棚から漁ったやつ。
そろそろ3DSのソフトがワゴンに流れる頃なので早めに欲しいものは確保しときたいところ。携帯ゲーム機は古くても遊べるやつが多いですし。エースコンバットとスターフォックス64が欲しいかも。
この間買った「黄泉ヲ裂ク華」は来年だろうな、と。
posted by ヤマダマコト at 18:29| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: