2020年12月29日

2020年を振り返る(前編)

今年もいよいよ終わり。恒例の1年振り返りということで、今年も前編後編に分けてお送りしたいと思います。今日はまず総論的なアレ。

ていうか、まあ、新型コロナがめちゃくちゃ大きなイレギュラーでほぼ去年の今頃思っていた2020年にはならなかったな、という。本業はもちろんKDP関係でも影響は出ましたし。
私としては、去年無事に転職して、今年からはヤマダマコトとして地域と関わっていくことに重きを置いていこうと思っていて、いくつかお話もいただいていたんですが、コロナで流れたのが痛かったなあ、と。あと、こっちは自業自得ですが、その手始めとなる「山彦」のPOD計画が諸事情で来年にずれ込んだのも残念だったなあ、と。
一方で、ある高校の放送部の生徒さんが朗読の題材に拙作「青春スプーキー」を選んでくれたという話があったり、地域のいろんな個人や団体と接して人脈を広げることができたりと収穫もありました。
ああ、そういえば絶賛開催中の阿賀北ノベルジャムは残念でした。地元でノベルジャム、私の参加するNPOのHON.Jpも協力しているということもあり、キックオフイベントには参加するつもりでした。新発田といえば駅前にお気に入りの定食屋もありますしね。
それもコロナでオンラインとなり、企画そのものもハッカソンとは違う方向にいっちゃったなあ、という。当初の企画だとそもそも私には参加資格がないのがアレでしたけどね。
私のスタンスとして、読者と向き合うことに重きを置いていることもあり、微妙にスタンスの違う競作系イベントは基本的には避けているんですが、これについてはちょっと気になった。

あとは悪質カスタマーレビューに対して弁護士に相談したのも興味深かったですね。あれから動きがないようなんでアレですけど、なかなか興味深かったし、そういったアクションを起こしたこと自体が今後は抑止力として生きてくるんじゃないかと思います。こちらも有意義な機会でした。

そんな中でも新作はそれなりにリリースできました。昨年からずっと取り組んできた大長編「勇魚神」を春先に発表できたのが1番大きな成果でしょうか。あと5周年企画の短編全集「STAR STORIES」も無事に出せました。それに前々からやりたかった選挙をテーマにした長編「うちの親、出馬するらしい」までリリースできたのは良かったな、と。なんか一気に肩の荷が降りた気がしましたね。
その軽さで最後に短編3作入りの「875」をイレギュラー的にリリースするという。
執筆&リリース自体はそう考えると順調だったんでしょうね、きっと。やるべきことをちゃんとやれたな、と。

KDP以外だとあんまり遊びにも出られなくて、一度くらい天下一品を食べに行きたかった、とか東京行きたかったとか、文フリも覗いてみたかった、とか色々不満の多い年でしたが、代わりにゲームはいっぱいやった年だったです。
私が今年1番遊んだのがコレ。



やっぱりゼノブレイドDE。やっぱり面白かった。ボリュームありすぎて追加ストーリーまでやったらゲップが出そうな感じだったけど、これは本当にすごいRPGだと思う。

まあ、こんな感じで。
なお後編は30日か31日に更新予定です。
ラベル:雑談 進捗 Kindle
posted by ヤマダマコト at 12:17| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: