2020年12月31日

2020年を振り返る(後編)

そんなこんなで今年最後の更新。みんな仕事納まったかな?冬休みの宿題大丈夫?
つーわけで今回は今年リリース作品の各論的なアレ。

まずは「勇魚神」。よく考えたら取り掛かったのって一昨年なんですよね。「月の女神に、希望の歌を」の初稿が終わったタイミングでプロットを書き上げているという。
それから合間に「月の女神〜」と「青春SPOOKY!」を出して時間を稼ぎつつ、ずっと書いていたという。その間に転職したり初青色申告があったり、本当に色々ありました。



おかげさまでセールスもすごく良かったです。作品的にも転換点というか、これまではテーマも含めて「直球投げるの怖い症候群」だったんですが、本作はど真ん中に直球をぶん投げた作品で、それですべらなかったのは自信になりました。あと「地域」に今まで以上にこだわった作品で、わかる人にはきっとわかってもらえると思う。
なによりRangerさんの表紙が見事でした。ていうか表紙についてもここまで力を入れたのは初めてだったかも。ロケハンもそうだし、すごく時間をかけてRangerさんには申し訳なかったかな、とも思うけど、本当に良かったです。JRさんに「新津駅に掲示してもいいのよ」と言いたいくらい。

次は短編全集の「STAR STORIES」。これが5周年の〆という感じですね。個人的に自作を読み返すことはほとんどないんですが、これは自分でも気に入っています。作品の並びなど色々考えるのは楽しかったです。
これも表紙はRangerさん。当初は色々プランがあったのですが、「古き良きアメリカのSF雑誌っぽいテイスト」というイメージが浮かんだ時点で適任かな、と。これもすごく良かったです。新潟県立自然科学館っぽさもあるし。



基本的に新収録の作品はないのですが、某リミックスでご一緒した隙間社さんと同郷の王木さんの寄稿もいただいて、良い記念になったなーと。

8月には「うちの親、出馬するらしい」も出せました。地方選挙ネタはずっと書きたかったし、ネタとしては鉄板というか、すごい金脈なのでは、と思っていました。「山彦」のサンカと同じで他の人が手を出しにくいネタだろうし。裏を返せば、「絶対に外せない」というプレッシャーもあり、安易に仕上げたら色々ダサいのでは、という変なプライドも出てきて、色々悩んだ末に書き上げた作品です。
今でもこれが正解だったのかよく分からないんですよね。もっと謀略を尽くすヘビーな雰囲気でも良かったかもだし1陣営に絞って掘り下げても良かったかもしれない。でも、自分らしい軽い作風で、どうやら不評というわけではなかったようなので、これで良かったんだろうと思います。



表紙はシカクメガネさん。王木さんと同じ同郷の方で、プロ漫画家として地元企業のPRマンガや専門学校の講師までやってるという。本当に良い縁ができたな、と思いますし、今後も機会があれば一緒に何かやれたら楽しいだろうな。

そして最後に「875」。これは春頃に思いついたネタで、スケジュール的に余裕があったので書いてみました。久しぶりにすごく軽めの短編3作入り。ストーリー構成とかもあんまり深く考えずさらっと仕上げたんですが、意外に評判が良かったし、自分でも悪くないな、という感じ。あんまり無理くり捻らなくてもどうにかなるんだな、と思いました。また機会があれば第2弾やりたいですね。



ちなみに表紙は「青春SPOOKY!」以来のなかすさん。元々は安い本だし損益分岐点の関係で自分でやるつもりだったんですよね。だけど、たまたま他の予算が浮いたのとスケジュールの関係で依頼したろうかと。いくつか頂いたラフの中で「1番売れそうなやつ」をチョイスさせていただきました。銭ゲバらしくね。

なんていうか、振り返って思うのは、安定しているというか、何年か前と違ってセールスの浮き沈みがなくなってきたな、と。「金色天化」の頃とかは、実感として「ヒットしても次が売れるとは限らない」という認識が強くて、常にスベったらどうしようかとびくびくしながらリリースしてましたが、今はどれも大外れしなくなった。おかげでだいぶ気が楽になりました。
やっぱり積み重ねって大事だな、とつくづく思いますし、なんといっても常日頃から拙作を読んでくださっているみなさんのおかげであります。
本当に、こればっかりは私の力だけではどうにもならないんですよ。小説は、やはり読んで認めてくれる読者がいて初めて成り立つものだと思います。

だいたいそんな感じでしょうか。
新潟はすごい寒波っぽいです。水道の凍結に気を付けつつ年越しですわ。
というわけで、今年一年ありがとうございました。それでは良いお年を。
ラベル:雑談 Kindle Amazon
posted by ヤマダマコト at 13:48| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: