2021年01月01日

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
ヤマダです。

新潟はめっさ雪です。今朝は近所の神社に散歩がてら初詣行ってきました。眠いです。

で、今年の話なんですが、とりあえずは「海彦」ですね。今月中に初稿は上がると思います。問題はそこからでしょうね。方言チェックを含め、今回は手を入れるところがすごく多いし、表紙の目処も立ってないのです。春以降のリリースになりそう。確定申告とかも入ってくるし。申告は簡単だけど気が重くて執筆ペースが落ちるんですよね、これが。それに合間に作る次作のプロットも時間が要りそうだし。
内容的には山彦に比べて登場人物も少ないんですが、割と色々新しいことにチャレンジしてるんで是非是非。

その次作は2000年代を舞台にしてミステリっぽい長編エンタメですね。ギャル系女子高生探偵が謎を解いていく感じの。らしくないように思いますが、きっとタイトルで狙いが分かるはず。
それに時間があれば短編も書くんだろうなあ、と。

あと余裕があればその次の長編のプロットも組みたいです。こっちは完全新作で、いくつかネタはあるんですが、どれに手をつけようかな、という感じ。
以前に杉浦さんの「鳳凰はかく語りき」を読んで、ああいう感じの時代に沿った感じの短編連作を私も書きたいと思っていて、アイデア自体はずっと温めていて、ようやく形になりそうだな、と。それが一案。



あとは、去年の「うちの親、出馬するらしい」とか一昨年の「月の女神に、希望の歌を」が思いの外評判が良かったので、その2つのテイストにちょっと近いやつ。昔、ケータイ小説で書いた作品のフルリメイクも良いかな、と。恋愛要素があって、卓球とも選挙ともちがう、カリスマ的な女の子が町おこし的をする的なお話。ケータイ小説としてはあんまりウケなかったんですけど、今ならありかもな、っていう。
他にも普通のミステリ的というかとたまにはハードボイルド的なのも良いかな、と思ってみたり。

執筆以外だと「山彦」のPODも完了するだろうし、今年はより地域に密着した活動を展開していきたいです。コロナの影響がどう出るのか、もありますけど。
そんなこんなで今年もよろしくお願いします。

ラベル:雑談 Kindle
posted by ヤマダマコト at 12:18| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: