2021年02月20日

KDP始めて7年目突入してた

そういえば、「団地のナナコさん」のリリースでKDP初めてから丸6年が経過し、7年目に突入してたんですよね。思えばあっという間だったよなー。



Twitterとかで絡んだりする同業の人たちも変わってないようでそれぞれライフスタイルの変化が垣間見えたり、そもそも途中で足を洗ったり新規参入した人も多いですし。そろそろ「孫が生まれました!」とかいう人が出てきてもおかしくないですしね。
うちも子どもの小学校入学を前に「そろそろ趣味の小説を再開できるかな」っていう感じでスタートして、今年で卒業です。時間が流れるのは早いなあ、と。そういう意味で、去年、「勇魚神」をリリースできたのは良かったです。そこまで意識はしてなかったけど、なんか格好はついたかなあ、って。

私としては、6年目は「5年区切りの後のスタートの1年」というイメージで進めさせてもらいました。で、5周年の時に当ブログで次の5年、すなわち10周年までの目標として「地域でブランディングを進めて、Kindleストアの外での認知度を得る」「海外展開に向けた足がかりを得る」を掲げさせてもらった1年目だったんですが、コロナ禍が痛かったっすね。
リリースは問題なかった。ほぼ100点満点。ただそれ以外がなあ、と。いくつか頂いていた地域での企画がコロナで消えたのもそうだし、POD版「山彦」の遅れもそう。PODに関しては経費が今年にスライドしてるし、今回の確定申告で計上できなかったのも誤算。
地域でのブランディングについてはチャンスが多かっただけに残念。

というわけで7年目。プロ野球でいうと高卒でも中堅。まあ、読者目線ではどうでもいい話ですけど。
一応、これくらい続けば立派な趣味というかライフワークと言えるし、まあ、ぼちぼち。PODをきっかけにさらに地域と関わっていきたいし、海外の方も何かしら進出のきっかけができればいいな、と思います。
ラベル:雑談 Kindle
posted by ヤマダマコト at 20:46| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: