2020年08月30日

粟島に行ってきた話

というわけで先日、粟島に行った話。
FF0F164D-D19D-4567-9283-518714D5F490.jpeg

ていうかさ、ちゃんと「山彦」統合版のあとがきの公約を守ってやったぜ、ウェーイ!



次の長編「海彦」取材ということで一泊二日で行ってきたんですが、すごく有意義でした。ディテールをおさえつつ、特有の方言や文化などネットでは見えにくい部分を抑えるのが第一だったんですが、とにかく島の人たちがみんな親切で、島の郷土資料館の担当の方から土産屋のおばあちゃんまで色んな人から話を聞けました。
91974F95-E3A5-4585-9660-FF7ED70E263B.jpeg
島の歴史も学びつつ、ちゃんと村の郷土史の本もゲットしましたし。方言集も。
島の息遣いはもちろん、コロナ禍で島の人が思うことや困っていることも聞けました。実際、舞台となるのが今、2020年8月終わりなんですよ。まさに「今」を取り上げることができるな、と。
その上で伝奇ファンタジーとして成立させることができれば、きっと良いものが書けるんじゃないかと期待しております。
粟島はおよそ25年ぶりだったんですが、随分印象が変わったところもあれば全然変わっていないところもあって面白かった。
公衆トイレや案内板、それに広場やキャンプ場とかが整備されたところもあれば、一方で定期船のつく集落「内浦」の山向こうの「釜谷」の外れの方とかは記憶の中そのままだったりして。
4A22DFBF-ADFA-47D2-A0D7-208FE2C5D840.jpeg
実際、観光地としてもすごく良いところだな、と。海も山も星空もびっくりするほど綺麗だし、魚は美味しいし、とにかく静かで海鳥の鳴き声で朝夕を迎える穏やかな感じが本当に良かった。コロナでほとんど観光客がいなかったせいもあるでしょうけど。
11655F97-2BA8-4742-A685-BE48DB99D63B.jpegF47ECB5C-0C2F-4676-8DFF-4FC90087470C.jpeg
ただ、買い物とかはほとんどできないんですよね。雑貨や食料品を売る島唯一のスーパー的な漁協の直売店は、コロナのせいかお昼で閉店という。あとは集落と港にいくつかあるジュースの自販機以外にないんですよね。それとお土産屋さんか。お土産といっても島には本格的な菓子屋とかないから土産物定番の饅頭とか焼き菓子も見あたらず、海苔とか魚介系の乾物がメインという。
逆に飲食店は地元の食堂がいくつか営業していたし、あと都会から移住してきた人の経営する洒落たカフェとか観光客向けのレストランが観光案内所の2階にもあって十分な感じ。Wi-Fiの繋がる日帰り温泉もあるし。
昔来た時はもう少し賑やかだった記憶もあるんですが、そもそも今年の夏は異常だから仕方ないのかもしれない。
そういう質素さのおかげで波の音や海鳥の鳴き声がよく聞こえて、星空がよく見えて、海が余計に魅力的に見えるんだろうなと思いました。

あと面白かったのは島の人たちの生活圏をぶらぶらしたところでしょうか。軒先に吊るされた丸いウキみたいなやつとか独自の風習はもちろん、400人もいない島だけに道路事情とかも特殊で、そもそも自動車の台数が少ない上に、島を一周する村道と横断する県道しかないものだから車道の交差点が存在せず信号機が学校前の子どもたちの教育用しかないとか。
9E5512DF-587B-40A4-B947-3863254EADDD.jpeg
だから自動車も少なくて路駐の問題もない。そもそも交番もないですしね。最近は夏季には臨時交番ができるらしいですけど。
それと海岸沿いの土産物屋のおばあちゃんが軒先からずっと海を眺めていたり、路地裏で談笑する年寄りの雰囲気がすごく良かった。山村とは違う間合いというか。
個人的に暮らしてみたいほど魅力的だけど、医者がないのはちょっと心配だよなあ、とか。年取ったら尚更。

にしても疲れました。レンタサイクルで島を回ったんですが、距離以上にアップダウンが大きかったんですよ。しかも久しぶりに自転車乗ったもんだから変速があるのに終盤まで気付かなくて、「なんでこんなペダル軽いん?全然進まねー!」とか思いながら漕いでいたもんだから膝がえらいことになりました。
あとで民宿のおかみさんに話したら「だから電動機付きを勧めてるんだって」笑われました。そういえば、観光案内所でそんなこと言われたな。

ていうか来年も行きたいですね。「海彦」については、佐渡とか出雲崎とか鯨波とか候補地はいくつかあったんですが、今回は粟島で正解だったと思います。

https://awa-isle.jp/

興味のある方は是非、観光協会のHPをチェックしてみてください。
posted by ヤマダマコト at 11:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

原稿の入ったUSBメモリを洗濯する。【1回休み】

というわけで梅雨でどんよりヤマダです。
つっても、プロ野球も開幕しましたし、少しは日常が戻ってくるのかな、という気もします。

小説の方はミステリっぽいパートになって一気に筆が進むし、そろそろ後半なんで頑張りたいです。初稿は遅くとも7月中にはあげてしまいたいです。でないと、次が遅れてしまうし。
ていうか、そろそろ次の作品が具体的に見えてきた感じはします。これから数年はマーケットイン中心にラインナップになりそうです。
特に5年前から言ってる「海彦」はすでにギミックや大まかな展開ができているんで早く取り掛かりたいです。コロナの影響で取材旅行に行けそうになかったんですが、今の感じだと今夏チャンスありそうだし、その勢いで前倒しで執筆してしまいたい気持ちも強くなっています。
執筆スケジュールが狂ってきますが、海彦は今でもリクエストがあるし、ようやくいけそうな空気が出てきたんで、ここら辺で手をつけたいんですよね。ここを逃すといつになるかわからないし。
ただ海彦以外にも書きたいやつはあってすごく迷ってます。そっちも今後の展開を考えると重要なタイトルになりそうです。
何にせよ、今の作品の初稿を7月中旬には書き上げてしまいたいところです。

とか言ってたら原稿の入ったUSBメモリを洗濯してしまい、乾燥するまでお休みな予感。しゃーない。最近は寝不足でブログ更新も途絶え気味でしたし。



んで、ゼノブレイドは相変わらず面白いです。ぼちぼち折り返しが差し掛かってきたあたりかなと。USBメモリを自然乾燥させている間にまったり遊びつつ、最近は寝不足なんで睡眠をしっかりとりたいです。
あとブログ更新も頑張ります。
以上。

posted by ヤマダマコト at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

ヤマダ氏、ゼノブレイドばっかり遊んでる

案の定、ゼノブレイドED、じゃなかったDEばっかりやってます。ヤマダです。
ゼノブレイドは3DSで遊び倒して本当に気に入っていて、2のために自分用のswichを買うくらいで、今回のリマスターも余裕の発売日買い。



割とスタンダードな一本道ストーリー重視のRPGなわけですが、凝ったフィールドがすごく好きなんですよ。2なら作り込まれた個性的な街をぶらぶらするのが魅力だし、このDEなら巨人の身体の上にできた異形の大地を探索するのが楽しい。見えるところは書き割りの背景じゃなくて地続きでだいたい行けるんですよね。飛び降りればどこまでも落ちるし。
そこに住む人々との交流も会話やサブイベントを通じてたくさんできるんですよ。ストーリー重視のRPGって「だったらドラマや映画製作のプロに任せて、映像作品にすれば良いじゃん」っていうのも最近は多いんですが、この作品世界への没入感というか、長時間触れ合うことでの世界に対する感情移入のおかげで、映画ではできない盛り上がりができてくるんですよね。
それにアートワークが凄い。ゲームのグラフィックってマシンの性能によるリアリティじゃないんだな、と。
物語の序盤にガウル平原という巨人の膝に広がる大地に降り立った時、空を見渡すと巨人の上半身がうっすら見えるんですよ。ちょっと感動するんですよね。それ以外にもファンタジー世界ならではの非日常のロケーションがいっぱいあって、それを眺めているだけでも楽しい。
自分の記憶の中の現実に見た風景と重なって奇妙な既視感を覚える瞬間もあるし、森とかのフィールドは明らかに東日本の山中の広葉樹林がモデルっぽくて作り手の里山の原風景への憧れみたいなのが伝わる場面もある。今回はまだ到達していないけど、エルト海は前世で行ったことがある気さえするんですよね。なんか潮風の匂いも分かる気がする。
一本道のRPGとしても往年のスーファミ黄金期的なスケールの大きな王道スタイルで面白いし、すごく面白い。音楽も戦闘もとても良い。でも、最大の魅力はこの世界なんだろうな、と感じます。

個人的に昨今の専用ハードのRPGって、時代のニーズなんでしょうけど、探索や謎解きがどんどん省かれていって、育成と収集、それに戦闘を軸にストーリーと音楽さえ良ければオッケーみたいな感じがするんですが、ファミコン世代の私としてはなんか違うんですよね。街の人の話を聞いてフィールドをくまなく探索していきたいし、育成も収集もあくまでクリアのための手段であって欲しい。
クリア後のやり込み要素みたいなのも好きじゃない。面白ければ自分で遊び方を考えるわけだし。
少数派かもしれませんが、ゼノブレイドDEはそういう人には刺さるだろうなあ、と思います。謎解きはあんまりないし、クリア後のやり込み要素も山ほどあるけど、それでも昔のRPGの延長線にあるゲームな気がするんです。
もっとこういうゲーム増えてくれないかなあ、と思いつつ、夏の終わりくらいまで遊び続けている予感がします。追加ストーリーもあるし。

以上です。小説の話?
大丈夫、順調に進んでますって。
ラベル:ゲーム SF 雑談
posted by ヤマダマコト at 18:24| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする