2020年12月24日

デビルサバイバーOCが面白かった

ヤマダです。
年末で少し忙しいです。といっても前職の年末進行からみたら楽勝というか、裁量労働制と違って労働時間が管理されているのであんまり年末感はないです。

そうそう、3DSの「デビルサバイバー・オーバークロック(OC)」を2周して、その勢いで「デビルサバイバー2・ブレイクレコード」に手を出しました。こっちはDS版未プレイなんですごく新鮮。なんかペルソナっぽいですね。今のところはOCの方が好みかな、という感じ。

にしてもOCは面白かった。オリジナルの頃から思ってたんですが、これはシナリオが好みなんですよね。こう、日常が崩壊していく感じがフェイバリットというか。女神転生シリーズはだいたい好きなんですが、特に好みなのが「真・女神転生」「真・女神転生if」「真・女神転生デビルサマナー」「デビルサマナー・ソウルハッカーズ」なんですよ。共通するのは、やっぱりスタートが日常で、そこから悪魔が出てきたり色々やばいことになるという。ペルソナは2とか好きですね、やっぱり。



もちろん、悪魔というオカルティックなものをコンピュータで使役するセンスとか、神話伝承の神や悪魔が対立する、そして神も悪魔も妖怪も人間以外はすべて「悪魔」で括る世界観も好きなんですが、やっぱり、日常の延長線で物語が進むのが好きなんです。
特に好きなのが「真・女神転生」で、90年代の吉祥寺からスタートするわけですが、井の頭公園で殺人事件が起きて、まちが封鎖されて、サンロードにコーヒー豆買いに行ったら怪しい男に襲われて、という展開が当時の中学生だった私には本当に面白かった。ドラクエとかFFとは違うし、MOTHERとも違う。この雰囲気が本当に好きだったんです。
で、今回のOC、というか旧DSのデビルサバイバーは割とその雰囲気に似ているという。山手線の内側が自衛隊によって封鎖とかたまんないし、そこで生じるパニックは怪獣映画とか日本沈没とか好きな私にはモロ好み。7日間という制約の中でのアドベンチャーゲーム風の構成も面白い。
あと、何よりラノベ風のテキストが実はすごくクオリティが高いんですよ。SLGパート以外は紙芝居とテキストのみで進行進むんですが、状況を端的に説明しつつ、キャラクターの言動がいちいち合理的に説明されていくのが本当に心地良い。「寄生獣」読んでるみたいな気持ちになるんですよね。可愛い絵柄に反してかなりインテリ度合い高めなんですよ。
メインのシナリオも凄くいいし、無駄なキャラクターもいない。シリーズ恒例のルート分岐も豊富なんですが、それぞれうまくキャラを見せつつ事件の核心をうまく切り取って見せてくれるし。DS版を遊んで久しいんですが、改めてよく出来ているな、と感心しました。
追加ストーリーも面白かったし追加の悪魔もいい感じ。本当に良い買い物をしたなあ。新型ゲーム機が色々出ている中で3DSのソフトを漁るのもなかなか乙なものです。

そんなこんなでクリスマスに女神転生ネタっていうのもアレですね。
次回は恒例の1年振り返りの巻になりそう。
以上。
ラベル:雑談 ゲーム
posted by ヤマダマコト at 21:02| Comment(0) | その他エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月24日

進捗&「黄泉ヲ裂ク華」買ったった

進捗。
といっても何もないのですよね。「海彦」の執筆ペースはまずまず。ぼちぼち9万字弱?そろそろストーリーが加速する感じです。今回はかなりドロドロ。ミステリ要素はほぼゼロですね、はい。
まあ、地道に書いています、ハイ。
来月の中旬には中断して、今度は年末リリースの短編の作業を進めていくイメージです。そっちも表紙を外注したので少し時間に余裕があるかも。
終わったら、また年明けまで延々と海彦執筆と。
去年は転職→初の青色申告とハードでしたが、今年は勝手を知っている分マシかなあと。
来年の執筆スケジュールもだんだん見えてきてはいますが、今から話すことでもないですしね。言えるとしたら、短編を挟みつつ色々飛ばしていくというか、そんな感じかなあ、と。著者セントラル見ると、ある程度は品揃えは揃ってきた感じもするしあんまりラインナップを気にしなくてもいい気もしてきた次第です。

それ以外だと、11月にいくつか面白い話題があるかもしれない。確定じゃないからなんとも言えないけど。

あとはゲームについてはゼノブレイドDEの追加シナリオが大詰め。次はメガテン3買おうか、とかこの間保護したデビルサバイバーやろうかとか、はたまた溜まってるスマホゲームとか色々あって、どこから手をつけていいかわからない中で、何を血迷ったか買ってしまいました、これ。



いわゆるwizクローン系のダンジョンRPGなんですが、1979年の東京が舞台というのがすごくユニークで好みだったんですよね。私の生まれた昭和54年。何か運命を感じるし。wiz系はスマホのアビスアンドダーク以来だし。なんていうか、この世界観がイカす。ここのメーカーのwizクローンは結構出来が良いですしね。

なんとなくPCEのダンジョンRPG「ラプラスの魔」を思い出しました。wizクローンではないんですけどね。1920年代のアメリカを舞台に幽霊の出る洋館を探索するRPGなんですが、すごく好きだったんですよ。モンスターを戦闘中に撮影して心霊写真を売って稼ぐシステムとか、探偵、霊能者、ジャーナリストみたいな職業とか。ちなみにジャーナリストは撮影系のスキルがあって質の良い写真が撮れるんですよ。こっちもまた遊びたいですね。
あれです。メガテン3は欲しいけど、PS2で普通のもマニアクスもやり倒したもんなあ、という気もするし、後で良いような気がしてきた。
ラベル:雑談 進捗 ゲーム
posted by ヤマダマコト at 21:02| Comment(0) | その他エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月08日

ゼノブレイドDE本編ようやくクリアした

どもどもヤマダです。
健康診断前日にゼノブレイドDEクリアしました。
いや長かった。約140時間でとりあえずレベル105以上のユニークモンスター討伐以外はサブクエストも復興イベントもだいたい片付けたはず。
3DS版2周遊び倒した上での今回のリマスターでしたが、やっぱり面白かった。とにかく分かりやすかった。このゲームって戦闘がすごく深くて面白いんだけど、分かりにくくて、なかなか理解するまでに時間がかかるんですよ。私も3DS版の2周目、およそ200時間遊んだあたりで、戦略性とキャラカスタマイズの組み合わせの深さを理解したくらいなんですが、今回は戦闘時にアーツのアイコンに「これ使うといいよ」って印が付くので状況が分かりやすいんです。
それが大きい。今回が初プレイの人は30時間もあれば面白さが分かってくるんじゃないかと。
あと、正直、私としてはキャラクターのモデリングを顔中心にリニューアルしたことについてはどうでも良かったんですよ。プレイ中は見ないし、ゼノブレイドムービーシーンは、カメラワークやカットシーンで魅せるから、別に3DSレベルでも気にならないし。
で遊び倒して、エンディングでその良さが分かった。エンディングのエピローグシーンはあるキャラクターの主観で進むんですが、そこで表情が豊かだと感情移入が全然違うんですよ。同じく台詞が全然違う印象に聞こえるというか。
相変わらずフィールド探索は楽しいし。
あああ面白かった。でもお腹いっぱい。
今はそれでも頑張って追加シナリオ遊んでいます。



あと執筆方面はゆるゆる。一方で、「このセルパブ」用寄稿進めています。セルパブではなくケータイ小説を中心にした対談なんですが、かつての人気タイトルの名が色々挙がって、「ケータイ小説が読みたくなる対談」だなあ、と。
ラベル:雑談 進捗
posted by ヤマダマコト at 12:21| Comment(0) | その他エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする