2017年12月02日

新作「魚(いよ)」無料キャンペーンやってます。

とりあえず、雪の少ない雪山からスマホで書いてます。もちろん仕事中。

ええと、新作「魚(いよ)」の無料キャンペーンが昨日から始まってます。5日間フルです。もちろんヒロミの奥様関係ないです。
内容は、作品紹介見てもらえれば分かる通りファンタジー短編2作入りです。
表題作の「魚(いよ)」は、以前にお話した通りに、民話「大助小助」をテーマに、鮭にまつわるちょっと怖いお話。現代の怪談的な、ある意味で「団地のナナコさん」的な感じ。
もう一作の「はるかぜ」は、ちょっと語りが王木さんの某作風。こっちの方がウケは良さそうな気がする。特に女性には。時間の繰り返しを入れた作品は初めてかもしれない。
ちなみにキャンペーンは上々で、先月の「天化爛漫」より出足は良い気がする。
興味のある方は是非。



あと、執筆中の「宵闇天化」は極めて快調に飛ばしてます。想定の倍のペースという。まあ、どこかで体調崩したり、本業が忙しくなったり、ゲームにハマったりしてペースダウンするだろうから、飛ばせる時に飛ばした方がいいんだろうと。今回は天化シリーズの集大成にすべく、やる気が出てきた感じがする。
まあ、そんなところです。
っていうか、ゼノブレイド2面白いんかな。あn雰囲気が前作と違い過ぎてて敬遠気味だけど、でも、ゼノブレイドでしょ、なんだかんだで。
posted by ヤマダマコト at 10:19| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

近況報告&無料キャンペーンは金曜から

とりあえず近況報告

小説に関しては短編「魚(いよ)」が間もなくリリースされます。120円です。中身はだいたい前回紹介した通り。値段は少し悩みました。
ていうか「風、めぐりくる」がイレギュラー過ぎたんですけどね。
普通に「ピーカブー!」の2割り増しのボリュームなんで、値段も2割り増しでいこうと。今まで「高い」、「値段の割にボリュームが」というクレームや意見は頂いてないので、これくらいが妥当なんだと思います。「風、めぐりくる」については、できるものなら80円で売りたいくらいなんだけれども。
金曜日くらいから5日間無料キャンペーンする予定なんで、気になる人はそのタイミングで。どっかの四角い猫がアレを出さなければ、今年最後のキャンペーンになるはず。
その辺は後日改めて。

今は「宵闇天化」を書き始めてます。11月中に筆を加速させていって、桃の節句頃には初稿をあげたいです。900枚とか1000枚の長編を一気に書き上げるのはしんどいですが、自分の力になると思うので頑張りたいところ。リリースは端午の節句頃がベストですが6月が現実的な気もする。

あとは、人気のswichを買いました。店頭で在庫を見かけて、欲しいけど値段が値段なんで迷ってたら次々と売れていき、ギリギリで決断。まだソフトはないけど、とりあえずキープできましたとさ。
posted by ヤマダマコト at 16:22| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

もうすぐ新作出すざます

とりあえず、新作の初稿が上がりました。
短編2作入りでタイトルは「魚(いよ)」です。
表題作については、以前に書いた通り、北陸や東北の鮭の遡上地に伝わる民話「大助小助」をモチーフにしたファンタジーで、ちょっとホラー的な感じ。舞台は新潟市内で、阿賀野川下流部というか、河口に近い「三百地」という集落です。気になる人は民話の方をチェックしてみるといいかも。

もう片方は「はるかぜ」。なんかスピッツの最近の曲みたいなタイトルですけどね。はじめて時間ループものにチャレンジしてみました。北村薫の「ターン」とかグリムウッドの「リプレイ」がある中で、ちょっと捻った感じのファンタジーになったかな、と。多分、女の子向けだけど、ホラー要素もちょっぴりあります。タイトルが最後まで難航しました。「4月13日」じゃレミオロメンだし、「私とカラスと死者の女王」じゃ乙一だし。
こっちは信濃川河口部、すなわち新潟市街地が舞台です。こう、阿賀野川と信濃川っていう新潟市の反映の象徴である2つの河川を舞台にするのって、ちょっと面白いかなと。

ポイントは、両方とも少女が主人公で「変身」がキーワードになる感じです。
今のペースだと12月上旬に間に合うはず。無料キャンペーンもフルにやります。どうせ100円とか120円の本だし。
まあ、天化シリーズの合間の息抜きで書いたんで、過度な期待はせずに軽く読んでもらえれば。



そうそう、10月にリリースした天化シリーズ2作目の「天化爛漫」については、初のシリーズもので胃が痛くなるほどのプレッシャーでしたが、セールスは好調のようです。ていうか、そこから1作目の「金色天化」に興味を持ってくれる人が多いようで、これはとっても嬉しいし、少し安心しました。
3作目の「宵闇天化」も頑張って、より良いものにしたいです。ではでは。
posted by ヤマダマコト at 22:54| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする