2018年02月17日

テーブルの上のスカイラークをリニューアルしました

まあ、アレですわ。新作執筆と並行しつつ、こんなこともやっておりました。事後報告ですが一応。
2015年秋リリースの「テーブルの上のスカイラーク」について、これまで上下分冊版と統合版に2種類出ていたのですが、これを機に、統合版に一本化させてもらいました。
とはいえ、どういうわけか分冊版の削除が遅れていて、今でもストアに並んでます。問い合わせ中ですがセレクトのせいなのかな、と思ったり。



で、ついでに表紙を外注してリニューアルしてみました。
表紙はRangerさん(@transranger)にお願いしました。爽やかでいろんな人に読んでいただけるものになったかと思います。とにかく、前から、その世界観というか等身の高いおしゃれな人物とポップな雰囲気、そして、なぜか漂う怪しさがすごく気に入ってたんですね。いやいや、本当に感謝です。
中身については、一部修正を加えた以外は既存作のままですが、元々、統合版だけはあとがきがデラックスになっていて、この作品のベースになったケータイ小説「市民クラブ」や当時一世を風靡した「魔法のあいらんど」時代の思い出などを綴ったちょっとセンチメンタルな感じの内容だったりします。
あとは巻末に上下巻や旧版の表紙をつけたりして、デラックス感を増してみました。
というわけで、すでに旧版や分冊版を買ってしまった人のために後日(おそらく金曜あたりから)無料キャンペーンをやると同時に、サポートへの再配信もお願いしています。再配信については、Amazon次第なんでダメかもですけど。
なんで、分冊版持ってる人であれば、メモリに余裕があれば、無料キャンペーンを利用して、ぜひこっちを落としてもらった方がお得だと思います。そして分冊版は削除しちまいましょうや、旦那。

ここからは同業者向けの話。
とりあえず、以前からやりたかったんですよ。根本はセールスですね。元々、長編の中では、個人的に思い入れがある一方で、スポーツ物でしかも渋めの展開からか、あまり振るわなかったんですね。もともとケータイ小説ではヒットしたタイトルで、より読者層の高めなKDPでは鉄板だろうと満を持してリリースしましたが、その割には厳しかった。特に、無料キャンペーンなどで積極的に上巻を配布した分冊版の方が苦戦するという大誤算となりました。
そのあと、読み放題サービスができ、価格がさほど重要ではなくなりました。それを踏まえると、分冊版については役目を終えた感があり、ずっと分冊版の廃止と一本化を検討してきました。もっと分量のある「金色天化」が分冊していないわけで、その辺との整合性も考えなきゃいけないし。
とはいえ、一本化すればランキングなどで有利になる一方で、著者セントラルから本が減る悲しみも味わうことになるので迷いました。
このタイミングでの決断は、リオデジャネイロ五輪以降、卓球の人気が上がってきたのか、統合版に限ってはそこそこ読まれるようになってきて、月に平均で6000KENP程度は稼いでくれるようになったということと、KDPの管理画面に、これまでの出版停止ではなく削除の項目ができたので試してみたかったこともあります。

これで、残すところ分冊は「山彦」のみとなったわけですが、向こうはまだ一本化は考えてないんですよね。なんせボリューム考えれば統合版一本はちょっと無理があるでしょうし、それ以上に、今でもカテゴリーランキングにちょいちょい出てきて、安定したKENPを稼いでくれる大事な戦力なんですよね。主力の座は明け渡したとはいえ、3冊で月に2万以上を計算できるのは、正直デカい。先発ローテの4枚目としてはまだまだ使える感じ。
いつかそういう日が来るかもですが、だいぶ先なんじゃないかと。
ラベル:卓球 Kindle KDP Amazon
posted by ヤマダマコト at 17:42| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

とりあえずひと段落

ちょっと別件が色々もたついているのが気になるところですが。ていうか、KDP本はいきなり削除より出版停止→削除を順番にやった方がいいかもしれない。

で、本題。天化シリーズ最新作の「宵闇天化」の初稿が上がりましたとさ。去年11月中旬頃に「魚(いよ)」をリリース後に書き始めて、およそ3ヵ月で、山彦並みの原稿用紙換算1000枚オーバーの長編を書き切れたのは収穫だなあ、と思いました。魚を書いてるあたりから、なんか火力が増した感じが自分でもあったし。爛漫と同時にプロットを書いておいたとはいえ、まあ頑張った。
加えて、恒例の1月2月トラブルが今年は大雪しかなかった。インフルエンザとかだったら、こんなうまくいかなかったと思います。それでも雪で10日くらいはロスしてる気はしますけど。
まあ、アレです。こういうペースで常時書ければとてもありがたいんですけどね。書きたいものは山ほどあるわけで。

中身については、シリーズものなんで今更語るものでもないですが、前作の「爛漫」と違って、過去作の続編、特に「金色」の続きの意味合いが強いので、そこはリリース時に注意を払う必要があるな、と。意外なところからスタートして、最後はお約束というか、多分、みんなが望んでいたものはこういうものなのかな、という感じでしょうか。

とはいえ、まだ書き上げただけ。これからいつのものパターンでひと月ほど寝かせて、その間に次のクマ小説をプロットまで進める作業に入ります。
本当は短編も一本書きたいのがあるんですよ。ちょうど寒波で湯沸かし器が壊れて、しばらく日帰り温泉を利用してたんですが、その時に思いついたヤツ。天使をテーマにした連作なんですが、一つ以外は伊坂幸太郎の「死神の精度」っぽくてイヤンなんで、結局、短編かなあ、と。
ただ、新年に書いた通り、今年は確固たる決意で計画通りに遂行していくつもりなんで、クマをリリースした時によほど時間が余っていない限りは来年に持ち越しな予感がします。いきなり息抜きで書く可能性もあるかもですが、やっぱりクマ最優先だろうな、と。

ちなみにクマについては、当初は山彦の流れでマタギ的な方向で、自然との共生みたいなテーマでやろうと思っていたんですよ。タイトルも「シシの森」とか。でも、そっち方面はお腹いっぱいな感もあるので、どちらかというと「信仰」をキーワードにしたいなと。「高尚なB級モンスターパニック」みたいな。タイトルも「偽神」とか、そんなイメージを考えています。あくまでイメージだし、らしくないタイトルだなとも思いますけど。山彦と同じ下田を舞台にヤツが暴れながらも、人間ドラマだったり人災的な側面だったりを描いていきたいです。
ラベル:Amazon KDP Kindle
posted by ヤマダマコト at 21:52| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

「このセル2018」出たってよ

あっという間に1月が終わってしまいましたとさ。というわけで、新作「宵闇天化」の執筆については1月後半の大雪と寒波のコンビネーションで5日ほどの遅延を余儀なくされましたが、それでも地道に書き続けてようやくゴールが見えてきたところ。ボリュームだけなら山彦並みになりそう。
ただ、今はちょっと別の作業で中断中だったり。そっちもおいおい告知するんじゃないかと思います。KDP関係です。まあ、既刊のテコ入れを兼ねた本の整理的なものです。



それはそうと、「このおっパブ」じゃなかった「このセルパブ」(←このネタは私が元祖のはず)こと「このセルフパブリッシングがすごい!」の2018年版がリリースされました。セルパブ作家を中心に同業の好きな作品を挙げていきランキングを作ったり、あるいはコラムを書き散らかしたりするお祭り本でございまして、2016年版に引き続き今年で2回目。
まあ、あれです。「2017は?」っていうのは野暮かと。岸部一徳と岸部四郎の間に二郎と三吉がいないのと一緒じゃん。じゃん?
で、今回は自作としては「金色天化」が2位にランクインしておりました。2016年の「山彦」1位に引き続きの健闘は素直に嬉しいっす。謝謝!



何気に予想外でしたね。なんとなく、守下さんのところの「カドルステイト物語」と小野寺さんの「桜七」のワンツーフィニッシュが鉄板だと思ってたし、まさかの「桜七U」の3位入りもあると思ってました。あと八槻さんの「オカルトトリック」や「天空城殺人事件」なんかも強力で、オンリーワンな山彦ならともかく金色天化はモロに競合しそうだし、知名度も中身も歯が立たねえぞ、と思ってました。
あと作家別ランキングでも、多作もあってかトップになっていたようでありがたいっす。
初瀬さんにはコラムで取り上げていただいたし。そのうち、我が家にあるビンテージ物の一平ちゃんショートケーキを2個送ります。口直しにパクチーMAXも。ちなみに能の取材は、実際に能を観たほかはジャパネット会長の高田さんの講演くらいしかしてないっす。あ、能面は別に制作団体に遊びに行ったけど。
恒例のインタビューも相変わらず。流れで次作「宵闇天化」についてもちょびっとだけネタバレしてるので興味ある方は是非。間もなく無料になるそうですし。

にしても、ランキングの顔ぶれがあんまり変わってないのが不思議な感じ。守下さんとかインパクトがあるけど、そこ除くと安定してるというか、それはそれで良いことだけど意外性がなかったな、と思いました。ここだけの話、2位が決まったとき、辞退も考えてたんですよ。山彦で十分だし、むしろ面白い作品はもっとあるから、枠がもったいない感じもしたんですね。ただ、投票してくださった方がいる以上は、そうもいかんだろうと。でも、今後はそういうこともあるかもしれない。これはマジです。
あと、コラムについては、複数投稿とかしたかったですね。コラム冒頭にも書きましたが、ミステリ特集や王木特集だけじゃなくて、如月さんとか花笠さんとか、コンスタントに長編を出し続けてセルパブの屋台骨を支えている人たちを総論的に取り上げてみたかったんですよね。その2人に限らず結構いるんですよね。個人的に、黙々と書き続ける職人気質の人にもっと光が当たれば良いと思ってたりするので。
その中でも水瀬さんの「銀幕の声」を取り上げさせてもらいました。前回投票で1位推しだったわけですが、どうもリアクションが薄いなーと感じていたので。完成度の高いスピリチュアル系ミステリで、繊細で透明感があって、ジュブナイルやラノベから一般エンタメに入るぴったりだし、テーマ性なんかもしっかりしている。「このセルパブ」のターゲット的に、ぜひ、おすすめしたかったんですよね。

あとは、自身の投票について。
やっぱり、桜七は投票前に読んでおくべきだったな、と。ただ、他の5作も粒ぞろいだし、「めくるめく嫉妬感」でいけば王木さんの順位は揺るぎなかった気がする。ていうか他も外せないっすわ。
ちなみに死ぬほど悩んだ末に個人的選外だった5作も挙げておきます。どれも面白かったっす。商品ページへのリンクは載せないので、Kindleストアで探してみてください。
以上。

「紙の花」神戸康
クオリティ高いし雰囲気が良かったです。

「ギソウクラブ」晴海まどか
短編連作。相変わらずストーリー構成が見事。

「VSヨシモト」三浦良幸
某コンペ作。すごく面白かった。もう少し尺を取れていれば。

「シオンの遥か」花笠香菜
テーマや設定が好み。やっぱりヘブライ系はたまらんね。

「青い月夜の特別なこと」赤井五郎
さすがの出来栄えで文句のつけようがないのですが、今回2回目ということで、「2016」リリース後の作品に絞りたかったし、赤井さんは誰かが取り上げるだろうし、と逆忖度。
ラベル:KDP Kindle Amazon
posted by ヤマダマコト at 17:23| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする