2017年08月21日

愛が地球を救うちょっと前に

お盆明けに体調がすぐれないヤマダです。
金色天化の続編「天化爛漫」はすでに初稿が上がって、今は寝かせている状態。9月に入って記憶を真っ白にして推敲に入る予定です。タイトルの割に全然華やかじゃないので、その辺は手を入れるかも。

で、今は3作目というか最後にしたいシリーズ最後の「天化蒼茫(てんげそうぼう)」のプロットを今のうちに組んでいます。ストーリーの整合性もあるので、爛漫との並行作業が必要と判断したためです。
こっちはオールスター総出演というか、3作目にしてミステリ性を放棄して、すごく「俗っぽい」感じになってます。原点回帰というか金色天化に近いカラーで、「九条ネギ娘」とかいう京都からのご当地アイドルが出てくる感じ。
でも面白いアイデアがあればどんどん変わっていくと思うので、まったく未定ですけどね。
タイトルも仮題です。多分変わると思います。金色と同じく○○天化にしたいです。あくまで爛漫のみがイレギュラーの形にしたいというか。シリーズの特性をタイトルで示すのも大事なんじゃないかと思ったり。

表向きは動きはないですけど、秋に入ったらバリバリ頑張るんで、今はこんな感じで。
ラベル:Amazon KU Kindle
posted by ヤマダマコト at 21:36| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

とりあえず一区切りがついた

というわけで、またブログ更新を忘れていたヤマダです。
とりあえず、金色天化の続編「天化爛漫」はほぼ初稿が上がりました。
金色天化は、いずれ続編を、とも思ってましたが、なんだかんだで主人公に関わる大きなネタを使って、単発作品のように仕上げたんですが、今回は、本当に続編前提のストーリー、しかも繋ぎ的な意味合いがあるので、主人公たちの傍観者感強めなんですよね。もともとキャラクター小説なんで、それではマズいと色々小細工したんですが、ちょっと分からないですね。今後の推敲でどこまで改善できるか。
こっから少し寝かせつつ、次の3作目「天化蒼茫(そうぼう)」のプロットを上げて、それから推敲→表紙作り→推敲→校正という感じでリリースになりそう。ちょっと遅れているので、9月後半にずれ込みそう。
結局、去年の金色天化と同じような時期か。そのあとは、もっと早くリリースできると思いますけど。



その、主な遅れの原因であるドラクエ11ですが、すれ違い通信やらカジノやらちまちま寄り道してるのであんまり進んでないという。面白いんですけどね。忙しくて、そんなに時間も取れないし。
ラベル:Amazon KDP Kindle
posted by ヤマダマコト at 17:47| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

七夕に「団地のナナコさん」無料キャンペーン

というわけで、きょう7日夕方から3日間、拙作「団地のナナコさん」の無料キャンペーンをやっております。
ちょうど「ナナ」コの日ということで、七夕にキャンペーンしてみた以外に理由はないです。
本当は一昨年やろうとしたんですよ。山彦出すまで全然売れなくてしんどかったので。
ただ、6月ころ、表紙をリニューアルしたらポロポロ出始めて、ならやらなくていいかな、と。んで、去年もやろうとしたら普通に忘れてたんですね。
結果的に久しぶりの無料キャンペーンなりました、と。
ちょうど、この時期のぴったりのファンタジーだし、暇つぶしにはちょうどいいと思うんですよ。昭和50年代の国鉄工場のあった新潟県新津市を舞台にした小説で、風に乗って汽笛や踏切の音が微かに鳴っている雰囲気を想像していただければ。



なお、おすすめBGMは、この作品の着想の原点でもあるスピッツの「夏の魔物」でお願いします。
posted by ヤマダマコト at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする