2020年02月21日

進捗とかロマサガとか阿賀北ノベルジャム発表会とか


とりあえず、ペヤングの「獄激辛」はあかんね。あれは危険。レビューしようと思いきや一口でギブ。きっと初瀬明生氏が仇をとってくれるはず。
ていうか、痛みさえこらえて一気に食べればいけるかもだけど、絶対に身体がやばいことになると思った。もう40のおっさんですから無理は禁物ですし。



なお、初瀬さんの新作はこちら。看取るつもりで買ってあげてください。

あと、ロマサガ3を購入。色々悩んでスマホ版です。操作性考えればスイッチ版かなあ、と思ってたんですが、今はゲーム機起動するのも面倒くさくなって、もういいや、っていう感じになったので。
操作がそれまでのスクエニさんのスマホ版リメイクと違うんで戸惑いましたが、これがなかなか良い感じだなと。あとドットの感じがスーファミっぽさを残していて素晴らしい。
ていうか、ロマサガ3とかドラクエ6とかスーファミ末期のゲームって、リアルタイムで遊んでないんですよね。FF5とかPCEの天外魔境2のあと「ゲームなんてダセエ」みたいな時期があったんですよ。中3くらいの頃。
だから、ロマサガ3は東京で一人暮らしを始めた頃に中古のスーファミとセットで新品の投げ売りされてたやつを買って遊んだんです。980円とか1480円とか。世の中的にはプレステ全盛期でFF8とかみんなが遊んでた頃だったと思います。
で、クリスマス頃に遊んでたものだから、今でも、このゲームには「冬」のイメージがあるんですよ。
だから、今回も当時バイトしていた吉祥寺のサンロードとか、あの辺のことを思い出して懐かしくなりました。
相変わらずゲームの進行めっちゃ遅いですがちまちま遊びたいです。

それと3月1日に新発田市で行われる地方文学賞「阿賀北ロマン賞」の関連イベントに顔を出します。来年の「阿賀北ノベルジャム」の発表もあるそうだし、講演会も私にぴったりのテーマだし。それにHON.jpの賛助会員だし、こういう企画を近くでやるなら顔を出しておきたいな、と。新潟でノベルジャムって凄いじゃん。あと、これから地域でブランディングを考える立場として色々な接点があればあるほど良いと思うんです。なんで逝ってみようと。年度末で新作リリースや確定申告が重なりきつい時期ではありますが、こういう機会は滅多にないですから。
https://www.keiwa-c.ac.jp/agakita2020
新発田は関東圏からのアクセスはしんどそうですが、まだ参加者募集してそうなので興味のある方は、こちらから是非。

あと、勇魚神の第3部については今週末にリリースして、来週の金曜から無料キャンペーンしようと思ってます。ようやく終わりが見えてきたなあ。
posted by ヤマダマコト at 12:46| Comment(0) | 新潟ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

ヤマダ氏「VUCA Exhibition Vol.5」に行く

県内を拠点に活動するイラストレーターで、拙作「風、めぐりくる」「月の女神に、希望の歌を」の表紙も手がけてくださっている、なかしまなぎささんが、近所でグループ展を開くということなので足を運んで来ました。
54219B46-0BB5-41E0-B2B5-81F607354C0A.jpeg

ていうか、もっと早く行きたかったんですが多忙で会期ギリギリになってしまいました。シャイボーイなので、作家さん在廊の可能性が高い土曜日を避けるという。このチキンっぷりが半端ないですね。
実を言うと、仕事柄、県内のこういうギャラリー喫茶系はいくつか知っているし足を運ぶ機会はあるんですが、近所にこんなところがあるとは知らなかったっす。すごく良いところでした。
4F06B314-DD15-43B8-A315-089F53B98664.jpeg

展示は点数こそ多くないけれど、大作も多くてなかなか見ごたえがありました。なかしまさんらしい世界観はもちろん、西片信也さんの力強いタッチとか、4人それぞれの感性の違いが面白かったです。
AFA91F50-6844-40AC-84BC-CAD013326A95.jpeg

アイスコーヒーも美味しかったし、軽食系もリーズナブルなものが揃っているので、平日なら執筆に利用しても良い気がしました。常設展もやっているそうですし。
ちなみに会期は6日までなのでお早めに。
行く人は秋葉区役所めがけていきましょう。


VUCA Exhibition Vol.5
2019.6.18(火)〜7.6(土)
​11:00-18:00(最終日17:00まで)​
休館日:日曜・月曜
gallery&cafe VUCA

​クロダモモコ
腹黒ピカソ
なかしまなぎさ
​西片信也

なお、なかしまさんが表紙を手がけた拙作はこちらから。



小説の話題?
ねえよ。
もう少ししたら、新作発売とかレビューとかもあるかもですけれど、今は何もないという。
とりあえず「勇魚神」については第1部の初稿は完了して、すでに第2部に着手してます。概ね予定通りに進んでいて、そろそろ今月リリース予定の「青春SPOOKY!」の出版準備のために一時中断かなあ、と。
ラベル:KDP Amazon
posted by ヤマダマコト at 13:42| Comment(0) | 新潟ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

ヤマダ氏、旧燕市街地に立ち寄る

というわけで、たまたま旧燕の商店街に立ち寄ったので。早朝の日本海取材の帰りで朝9時でしたが、朝市やってました。いわゆる定期市ですが、やっぱり寂れている感は拭えない感じ。
image.jpg
ここが「テーブルの上のスカイラーク」のメイン舞台なんですが、私が作品用に取材したときにはオーバーアーケードがあったんですよ。吉祥寺のサンロード的な。
全部取っ払ったんですね。新津の商店街的な変化だな、と。

ただ、銭湯とかバリバリ営業してるのはいい感じ。裏路地の方に行けば背脂ラーメンの人気店があったり、見所はちょいちょいあります。
image.jpg
これは旧市役所付近。今は市町村合併で吉田に移転しましたが、一部は塗り直して使ってるんですね。
image.jpg
んで、こっちは劇中にも名前が出てきた燕駅。高度成長期で地場産業が隆盛を極めていたころの面影はなし。



そして、そんな燕を舞台にした卓球小説がこちらです。
ちょうど、今の季節にぴったりだと思います。
スマホやタブレットでも無料アプリで読めるんで是非是非。
posted by ヤマダマコト at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする