2015年12月27日

ヤマダ氏、県庁で市街地を見下ろす

実は本業のおかげで新潟県庁で過ごす機会が多いんですが、展望フロアって小学校以来行ってなかったなと思って足を運んでみました。ポイントはエレベーター直通じゃないところ。すごく不便。
image.jpg
これは南側の平野部ですね。向こうには「山彦」の舞台にもなった守門や粟ケ岳などの山々が見えます。
image.jpg
こっちは北側で信濃川が見えます。河口方面です。
image.jpg
こっちは東の方。向こうには日本海が見えます。

いや、それだけなんですけどね。

とりあえず小説の話。ちょっと年末になって県政や市政で大きく動く案件があり、年末進行の記事差し替えもあって、きわどい感じ。おかげであんまり書けてないです。今は「ほうき星」のオチまで来てるんですが、ここで少し遅れているという。春夏編のスケジュールは予定通りですが、その後の長編に遅れが出たらやだな、っていう。次は山彦以来のインハイに全力ストレートを投げ込む感じでいきたいです。


ラベル:ローカル 新潟
posted by ヤマダマコト at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

ヤマダ氏、秋の弥彦へ行く

たまにはローカルネタ。
なんとなく弥彦山の菊まつりを見学し、紅葉を見てきました。次回作の取材も兼ねて。
image.jpg
久しぶりの弥彦は良かったです。大鳥居の工事も終わってたし。さすがに県内随一の観光地だな、と。

image.jpg
もみじ谷もちょうど見ごろ。
image.jpg
そういえば、弥彦といえば廃墟見学も話題だったような。

ちなみに山彦を書く時、最初は紅葉の季節を舞台にする案もあったんです。冬に向けて、山が静か抜かになる時期をヤツカハギの緩やかな滅びに重ねていくのも悪くないと思っていたんですよ。ビジュアル的にも悪くないし、表紙も作りやすそうでした。
けれど、「いくら山の民でも冬はじっとしているんじゃないか」という疑念が捨てきれず、また、どうしても下田の笠堀姫の伝説を絡めたかったし、また台風の時期であることが重要だろうと。
もし秋をテーマにしていれば、9月末の「越後くがみ酒呑童子行列」が第1章の冒頭に来たんだと思います。結果的にフミの登場も全然違う形になったはず。
この弥彦についても出番が増えたんじゃないかな。今回は加茂の柳井さんのお話での登場がほとんどでしたし。
ただ、統合版のあとがきにあるように、阿刀田高先生の「闇彦」が「弥彦」と縁が深いのならば、闇彦からタイトルの着想を得た「山彦」もまた弥彦と切っても切り離せない物語だろうとも思います。

というわけで、山彦は好評発売中。Kindleだけでなくスマホやタブレットでも読めます。
posted by ヤマダマコト at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

越後くがみ酒呑童子行列勝手に協賛キャンペーン

いきなりですが、今日夕方から山彦の上巻を3日間無料キャンペーンします。


27日に開かれる新潟県燕市の観光イベント「越後くがみ酒呑童子行列」の勝手に協賛キャンペーンでございます。観光協会の人たちには、もちろん無許可。
燕市の国上山は酒呑童子生誕の地なんですよ。あの日本3大妖怪の1柱は新潟生まれという。そのPRイベントなんです。

拙作「山彦」は山の民サンカをテーマにした物語ですが、作品の舞台となった越後平野の生んだ酒呑童子がかなり重要なモチーフになっているんです。もともと主要人物のフミというサンカの女の子は、酒呑童子の幼少期「外道丸」の再来で、茨木童子ポジションの兄とともに、その運命をたどる物語にするつもりでした。
仮タイトルも「風の外道丸」でしたし。
そんなこんなで、せっかくなんで勝手にコラボしたろうかと。

また、シルバーウイークあたりから、本格的に山彦の勢いが落ちてきたので、何か手をうちたいところでしたし。いいタイミングでイベントがあった感じですね。
専用端末はもちろん、スマホやタブレットでも無料のKindleアプリで読めるので、この機会に是非。

なお、イベントは弥彦と寺泊の2大観光地を結ぶ県道2号線沿い、国上山麓の「道の駅国上」で開かれます。
みんなで鬼のコスプレで鬼になりきってパレードする京都っぽいイベントで、ここ最近、人気が急上昇中。仮装コンテストもやるし、周囲には地域の飲食ブースがあって、ちょっとしたお祭り風になります。
またイベント限定で永井豪デザインのオリジナルTシャツも売ってます。行列出発は午後2時から。
あの往年のプロレスラー、キラー・カンが鬼のコスプレをする謎のイベントです。ぜひ地域の方は遊びに行って欲しいです。
ストックバスターズでフライパンを買ったついでや杭州飯店で背脂ラーメンを食べたついでに立ち寄るのもいいかも。
posted by ヤマダマコト at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする