2018年05月23日

あんまり書くことないけど

お久しぶりです。
あんま書くことないですが一応。

新作はちょいちょい書いてます。
まずまず順調で予定通りかなあ、と。そろそろ中盤ですね。
多分、ゼノブレイド2さえなけりゃ、さらにペースを上げられそうですが、今年は飛ばし気味にきているんで、まあ、無理せずいきます。

読書については、KDP本も結構読んでいます。いくつか興味深いものもありました。特に今年は純文学系で当たりが多い気がします。意識的に選んでいるせいもあるかもしれない。だからと言って自分が書く気はないんですけど。

セールスについては、そろそろ新作効果が落ち着いてきた感じ。というか、ちょっとバブリーでしたが、本来の予測に近い感じの数字になってきました。ここからだろうと。

あと新作以外にも色々水面下では動いています。できれば秋までにやれることはやって、その上で新作「ヤルダバオートの聖域」を出したいです。

そうそう、松葉さんの「虚構のER」が表紙をデザイン事務所に委託していたのが面白くて、調べてみたら、想像以上にリーズナブルなんですね。3万でイケそう。おそらく、KDPでそちらにトライした人はあまりいない気がするので、そのうちブッ込んでブログのネタにしたい気もしないでもないけど、やっぱりやらない予感。今は手一杯だし。
posted by ヤマダマコト at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

進捗とか思うこと色々

ブログ更新。
あんまり書くことはないです。
新作「ヤルダバオートの聖域」を黙々と書いてます。現状は1割くらい。思った以上に長くなりそう。プロットの感じだとスカイラーク程度と見ていたんですが、うーん、って感じ。金色天化を超えるようだと分冊も検討しなきゃな、と思ってます。まあ、450円くらいでどーんと売るのもアリかもですが。

セールスは好調です。今月のKENPはハーフミリオンどころじゃない予感がします。新作とプライムリーディングがどんぴしゃでハマっただけなんで、これから落ちてくるとは思いますが、夢なら覚めないでいただきたい。

天化シリーズがひと段落して、次の作品を妄想する余裕が生まれてきた感じです。ヤルダバオートの後は一人称の長編ミステリまでは確定ですが、その次はずっと温めてきたジュブナイルを書きたいなと思ったり。まあ、かなり先の話ですけれども、それでも、来年の今頃には書き始めているはず。

あと、表紙をリニューアルしたい欲に駆られてますが必要性が薄く、うーん、って感じ。今はどれもそこそこ読まれてるしバクチだもんなーと。なんとなくユイカとナナコさんはリニューアルしたら売れそうな気もしないでもないのです。
セールス的には「ピーカブー!」と「怪物少女フォーエヴァー」を統合してしまいたいんです。もともと500円以下の価格帯で勝負してるので、フロントドア商品はほとんど不要なんで、一層、「越後幻想」みたいな1作パッケージの方が良いような。でも、今もそこそこ読まれてるし、著者セントラルでのラインナップのアクセントとして嫌いじゃないし。こう決め手に欠けるというか。
でも、やっぱりユイカ優先かなー。そこそこ読まれてるんだけど、あの表紙は気持ち悪いから嫌いなんですよね。ホラー小説なんで「生理的な気持ち悪さ、不気味さ」をクワガタで表現しつつ、あの小さな題字でサイコパス感が出したかったんですよ。確かに不安定で嫌な表紙だけど、それって商品としてはどうなんだろう、っていう疑問もあったり。
なによりユイカについては、ランキング経由で購入されている傾向がとくに高めな本なので、表紙のリニューアルが比較的有効な気がするんです。
まあ、気が向いたらリニューアルするかもしれない。しないかもだけど。



いずれにせよ、今は目の前の作品に取り組みつつ来年の準備を進めている感じですね。ジュブナイルも表紙外注しなきゃだし、多分3部作だから表紙3枚いるだろうし。すごく要求水準が高くなりそうで候補も見当たらないし。
posted by ヤマダマコト at 11:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月03日

そろそろ新作に着手

おかげさまでリハビリ期間も終え、ぼちぼち新作執筆に取り掛かっています。本格的に進めていくのは連休明けで、今は試運転というか、今回の作品向けの文体をテストしながらゆるゆる書き進めています。
書いてるのは例のクマの出てくる小説です。
タイトルは「ヤルダバオートの聖域」でいこうと思っています。初瀬さんの作品に便乗して売れねえかなーと。聖域繋がりで。
なんかSF小説っぽいタイトルなのに新潟の方言が飛び交うホラーというのも一興ではないかと思っています。
その辺の言葉からだいたいの雰囲気は想像できるんじゃないかと。テーマは「異神と信仰」だったりするので。
山彦と同じ下田地区を舞台に、一部のギミックをセルフオマージュしつつ、逆のベクトルに進めていく感じ。山彦でも少しやった「父の足跡を辿る」部分をもっと物語の核に近づけられないかトライしてみたり。テイスト的には山彦っぽいけど、もう少しスタイリッシュというか分かりやすい物語にしたいです。
すでにプロットもできていて、あとは夏の間に書き上げるだけという。
表紙は外注です。完全新規作品ですが、力を入れているタイトルなんで万全を期してストアに並べたいのです。加えて、自作で作れる自信がないというか、未だに作品の魅力を伝える表紙のイメージがわかず自力ではどうしようもなさそうというのも理由です。クマ出すわけにもいかないし。
その辺は私自身も楽しみにしていきたいところ。

ちなみに先日まで書いてたものは、いつかどこかの機会で発表すると思うのでお楽しみに。慣れない中、やるべきことはやったし自分の色は出せたと思います。

そんなこんなでswich開封しちゃいましたが、それでもサラリーマンらしくスケジュール厳守でガリガリ書いていきたいと思います。
アディオース
posted by ヤマダマコト at 11:58| Comment(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする