2017年06月25日

勝手にKDP本レビュー★49守下尚暉「カドルステイト物語第一部 盗賊の掟」

久しぶりのKDP 本レビューです。次で50本目か。

というわけで、守下さんのカドルステイト物語第1部「盗賊の掟」を読了。
短刀直入に言えば、「これはいい」。
とにかく面白かった。
タイトルや表紙見ればわかるようにファンタジー小説。しかも王道の中世風和製ファンタジー。いわゆる剣と魔法の世界でございます。
我々の世代は、それこそドラクエあたりでこういう世界に触れ、馴染んできたわけですよ。だからこそ、この手の小説も結構読んでるわけです。特に「なろう」とかケータイ小説とかアマチュア作家が書きたがるテーマなのか、そっち方面ではうんざりするほど読んでいる。公募系の雑誌で若桜木さんだかが「中世風ファンタジーと巨大ロボは書くな」って言うくらい。
だから、最初はあんまり興味がなかったんですよ。KDPでも、この手の作品って結構あるし優れたものも多い。例えば、淡波さんの「孤独の王」とかね。
今更感もあったんですが、シリーズで出していること、気合の入った表紙や守下さんの熱いツイートに引きずられて読んでみようかと思ったわけです。

物語の舞台はいくつかの国家がひしめき合う大陸で、辺境の村、リーフから都市国家リートに出稼ぎに来ていた若者、デインとカータが成り行きから国家間の陰謀に巻き込まれていくお話。
作中のキャラクター紹介のイラストや、街道で各都市が結ばれたマップがすごく良い感じ。ていうか、ここら辺で、往年の名作「ロードス島戦記」を思い出す30代以上がわんさかいそう。
実際、守下さんその辺りの世代のようで「分かってるね!」感がほとばしってます。
三銃士のダルタニャンとかSWのルーク・スカイウォーカーとか、辺境の青年がどんどん立身出世する物語って、それだけで面白いじゃないですか。ロードス島戦記もしかりで、田舎の血気盛んな若者パーンが自由騎士になるわけですが、このカドルステイトにも、そういう気配が感じられます。そういえば、神視点の文章も、どことなく水野良っぽい。
デインが若きエリート女騎士、リフレアと出会う流れとか今後に期待が持てるし、その物語を大陸の国家群の動向などを丁寧に描いたすごく重厚な世界観で展開していて、おそらくKDPのファンタジー小説の最高峰ではないかと。
表紙もすごくリッチだし、そりゃカテゴリーランキングを席巻するのも納得。
同時に、こういう作品が売れるのは、すごくKDPらしいというか、良いことだと思います。だって、このクオリティでも、この作品は新人賞では一次は通らない可能性が高いと思うんです。出来不出来じゃなくてマーケティングの問題で。それに、ほかの小説サイトでも埋もれていた可能性があるわけで。
そういう意味で、この作品がKDPでリリースされたことはとても幸運で、kindleストアユーザーの懐の深さもうかがえるし、さらに、こうした作品を求めていたユーザーの多さに驚かされます。
この第一部は、あくまで壮大な物語の序章に過ぎないわけですが、それでも、この作品世界を堪能するには十分な読み応え。終盤の戦闘なんかは、かなり迫力もありましたし、それぞれの街並み、そこに住む人々の息遣いもうまく表現できてるし。
ただ、長い物語の助走なので止むを得ないかもしれませんが、若干、序盤の盗賊団の訓練のくだりで間延びした感があります。盗賊団との絡みは、訓練とは別に他のエピソードが多くても面白かったかも。



あと、個人的にはもっと貴族や騎士、ジジイとか大仰な、芝居がかった言動の方が好みかもしれませんが、若い子にはこっちの方がいいのかなーとか。リフレアの超速デレっぷりも、今風な感じがしました。
posted by ヤマダマコト at 16:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

山彦上巻の無料キャンペーンやってます

「山彦」上巻を久々に無料キャンペーンやってます。
特に意味はないです。昨夜、なんか他の人たちと話してて、KDPも人の入れ替わりが多いなーと思ったので挨拶がわりでもあるし、山彦の無料キャンペーンって、久しくやってない気がしたので。
もうリリースして2年経ちますが、今でもかなり読まれている人気作(自分の中では)ですし、今でも自分が1番自信がある作品でもあるし。

内容は、山の民「サンカ」をテーマに新潟の古史古伝を絡めたダークファンタジーというかモダンホラーです。
とにかくスケールの大きさがウリというか、ここまで取材したことは後にも先にもないと思います。



興味ある方は是非。
posted by ヤマダマコト at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

更新のための更新

ブログのネタがない。
本当に足りてないですよね。実はブログ更新頻度は本のセールスにほとんど影響してないというか、それでも何かやらなきゃなーとは思ってます。
ていうか、他のKDP関係者もあんまり更新してなくね?的な。
なんで、まあ、近況的な。
KDPでは守下さんのカドルステイト物語の第1部をようやく読み終わりそう。第1部でもボリューム満点。固有名詞とか多めなんで何度も読み返してる感じ。地名とか位置関係とか。
でも面白いので、そのうちシリーズ通しで読んだろうかとも思う。その辺は後日。

セールスについてはよくいえば安定、客観的には停滞してる感が半端ない。
面白いのは、「テーブルの上のスカイラーク」が好調で、山彦の分冊版1巻分のKENPやセールスを稼ぐようになったこと。金色天化のリリース後からそういう傾向はあったけど、どんどん伸びてるのが興味深い。卓球のスポーツとしての人気が向上してるせいかもしれない。
個人的には、思い入れのある長編だから、嬉しいし、いつか、卓球ものにもう一度チャレンジしたいです。今なら、同じテーマでもっとシンプルに言いたいことが伝えられる気がします。「スカイラーク・アゲイン」的な。
だけど仰々しく続編にするんじゃなくて、短編や中編にまとめて、他のメインになる小説のカップリングに添えるくらいが小粋で良いんじゃないかな、と。続編でありリメイクでもあり、スピンオフでもある不思議な感じにしたいけど、ずっと先の話になるんだろうなあ。



お、なんかきれいにまとまったんで、この辺で。アディオース
ラベル:雑談 日記
posted by ヤマダマコト at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする