2017年12月25日

ヤマダ氏スターウォーズ「最後のジェダイ」を観る

というわけで観てきました。例のEP8こと「スターウォーズ 最後のジェダイ」。
結論としては面白かったです。シリーズ通しても出来は良いと思うし、映画としてはともかく、歴代シリーズの中では完成度は高かったんじゃないかと。ここから観るのはちょっとしんどい気もしないでもないですけどね。
あと、すごくディズニー風味が出てきました。玩具展開やスピンアウト前提っぽいキャラがちょいちょいいたり、アニメ的なネタが結構入ってたり。そこは苦手な人がいるかもだし「やっぱりこうなるんか」って思う人もいるかもしれないけれど、私は良いと思う。だって映画館のおっさん率高いんだもの。ちゃんと次の世代のファンも意識しないとだし、これもアリだなと。ディズニー風味が不思議とマッチしてると思います。
ちょっとストーリーが雑で荒っぽいのはご愛嬌というか、そこは昔からそうなんで大目に見ないと。

ヒロインのレイも相変わらず安定してるし、実際、すごくスターウォーズの主役っぽい子だから全然心配してない。この間の金曜ロードショーで気付いたんだけど、実は吹き替えの人が良い仕事している気がする。
あと、若くなくなった「若きスカイウォーカー」こと俺らのヒーロー、ルーク・スカイウォーカーは、前作ラストの不安なビジュアルから一転、あのルークがそのまんまジジイになった感じがすごく良い。彼はオビワンでもヨーダでもないのよ。親父譲りですごく人間臭い人で、その辺はもうイメージ通りのルーク。脚本も見事だけど、マーク・ハミルも立派。チューイやR2-D2と話す姿がすごく好き。終盤のアレも、ヒーローはこうでなきゃ、的なね。
他のキャラもいい感じで、ダメロンもフィンも活躍してる。今シリーズは敵味方ともに群像劇風味なんだけど、うまくキャラを立てていると思いました。
あのダメダメだったカイロ・レンさんもそれなりに軌道修正できてる感じ。
全体を通じて、前作の伏線を次々にあさっての方向に蹴り飛ばしていく乱暴な方向性なんだけど、それが不思議とうまくハマって、ちゃんと良い方向に向いてるんだよね、なんというか。

一方で、今までのお約束をいくつかぶっ壊したのはびっくりしました。代々重用してきたフォースとジェダイとスカイウォーカーの扱いとかね。あのヨーダのセリフは、頭の固いファンに対するメッセージに聞こえたし、ルークへのアドバイスは育児の助言みたいに聞こえますし。
そういったとこもそうだし、ディズニー要素も含めて全体的にチャカチャカした印象は確かにあるけど、むしろそこが良いと思う。
このシリーズは今まで硬直し過ぎてたと思うんです、絶対。特にEP1からEP3までの3作で先鋭化し過ぎていて、前作のEP7も、結局、新世代を謳いながらも旧作の型にこだわり過ぎていたし。その中で今作については、個人的には、既存ファンに多少おもねりつつ方向転換した画期的な作品だと思います。
その意味で面白かったし、今後のジェダイの扱いも興味深いところ。なんというか、今までのシリーズでは考えられないラストに少々の困惑はあるけれど。

次はだいぶ身軽になっただろうから、スターウォーズらしさはほどほどに、映画としての完成度を高めてほしいです。大丈夫。あの世界はもっと変なものを受け入れる強さは持ってる。新しいものを受け入れられないファンを切り捨てるくらいの気持ちでいいのかなあ、と。
posted by ヤマダマコト at 22:46| 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

ヤマダ氏、「隙間社全集1」に寄稿する

2017年10月某日、私、ヤマダマコトは久しぶりにペヤングを買うべくファミマに向かって道を歩いていると、何者かに拉致された。
連れられた先は安っぽい花柄の壁紙が胡散臭い事務所。雑居ビルの一角だろうか。
流しには食べかけのカップ焼きそばがぶちまけられ、片隅には「焼きそば弁当」の12個入りケースが山積みになっていた。ここは狂気の世界だと思った。
その奥、バロック様式の家具が詰め込まれた応接室で私の目に入ったのは、「隙間」と書かれた怪しい額装の書と、テーブルに積まれた札束だった。
部屋の主は私に言った。
「お前さん、金に困ってるんだってな。だから呼んでやったんだ。大丈夫、道連れも大阪から呼んでいる」
その鋭い眼光のどこにも選択の余地は見当たらなかった。
かくして私は事務所の地下室に監禁され、飼われている猫の餌やりをしながら87年製の東芝ルポのキーボードを叩き続けることになった。もちろん食事は焼きそば弁当のみである。ペヤングはない。



とまあ、そんな感じでKDPを中心に活動しているセルパブレーベル「隙間社」の3周年記念事業だった新作「隙間社全集1」に解説文を寄稿させていただきました。
3年間の発表作品を全部突っ込んで付録まで付けてお買い得プライスという太っ腹な企画です。その中で、隙間社の《アバンギャルドなほう》こと、弍杏さんの「神様とゆく! 11泊12日小説を救う読書の旅」について解説文を少々。
まあ、内容については買って読んでもらえれば。ただいまセール中だそうですし。
作品はさすがの出来栄えというか、相変わらずテンション高くてポップな作品で少しアイロニー、みたいな。
今回は高額な記念本への寄稿ということもあって、このブログのノリではあかんだろうし、自作と違ってやらかしても責任は負えないので、熟慮(90秒)の結果、いつもの本業の延長線上で仕事をしようと思いサクサク書かせていただきました。
ちなみに私もまだチェックしてないんですよね。藤崎ほつまさんの解説が気になります。ていうか、全作に解説文あったら面白かったのにな、と。本編より多い解説とか前のめりでセルパブっぽいんじゃないかと思ってみたり、思ってみたり。
というか、人のレーベルで書くの初めてなんですよね。たまにアンソロジーのお誘いとかあるんですが、ああいうのは検討してもネタが出てこなかったり、だいたい、メンタルに余裕がなくて断念するんですが、こういう解説文みたいなのは、仕事のついでみたいな感じなんで負担が少ないんだな、と。似たような仕事いっぱいこなしてるし。
というわけで興味のある方はぜひ。通常価格よりかなりお得なセールだそうですし。

あと、何気にうちも3周年だったんですよね。もうすぐ4年目に突入しちゃいますけど。とはいえ、隙間社さんのとこと違ってコーネリアス小山田圭吾とかTMRみたいなもんだし、なんだかね、っていう。多分、5周年でなんかやるかも。短編コレクション作るとか記念に表紙をリニューアルするとか。外注で奮発して。
なんにせよ出入りの激しいセルパブで3年は短いようで長いですからね。どんどん周囲の顔ぶれも変わっていくし、書かなくなる人も増えていくし。その中で「方向性の違い」とかで解散せずにコンスタントにリリースし続けるのは凄いと思います。
以上。
ラベル:雑談 Amazon KDP Kindle
posted by ヤマダマコト at 10:16| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

なんとなく書いてみるみる

というわけで久しぶりのブログ更新。
特に書くことはないんですよね。雪降ったね、くらいしか。
年末になれば色々書くこともありそうだけど、今は静かなものです。本業が忙しい時期だし。

読書の方はずっと「IT」読んでます。多分、高校2年の時に最初に読んで、20歳のフリーターの時以来じゃないかな、読んだの。あと2割くらいですが、その2割が多い。でもめっちゃ面白い。
キングの小説ってディテールが異常な密度なので、1作品のうち全てのシーンを覚えるのは不可能に近いんだけど、半分くらい忘れてて驚きました。今回の映画版はブログで「紛れもなくIT」と褒めたけど、実際には7割くらい少年期のエピソード削ってるのよね。すごくスケールダウンしてるという。映画に文句を言う人の気持ちが少しわかる気がしました。けど、それでもB級ピエロホラーの旧ドラマ版よりずっと出来はいいし、ちゃんとITやってるなあ、と。まあ、ITを倒すのが「信じる心」ではなく「勇気と友情」に変わったのは好みじゃないけど。
ITの存在そのものの描写が全然足りないけど、それでもチープなホラーから、ITの魅力の一端であるジュブナイルストーリーをしっかり描写できたのは立派だし、後半ではデリーに巣くう無形の怪物が起こした歴史上の事件を追いかけるようなテイストにしてくれたら大成功だと思う。l
あと、読んでいてスピッツの「夏の魔物」とか「死神の岬へ」の頃の世界観にすごく似てる気がした。マサムネも読んでたのかな、とか。そういうのは、若い頃に読んだ時分には思い至らなかったところ。
というか、ちょうど私が「はみ出しクラブ」の大人時代と同世代なんですよ。だから気づくことが多いです。あの頃はとにかくエンディングを追っかけてたけど、今は個々のエピソードがすごく光って見える。司書になったマイクがデリーの怪異を年寄りから取材して回るシーンとか、今の自分とすごく重なるし。
いつか、こういうの書きてえなあ。



そんなこんなでKDP本を読む時間がないのですね。レビューお預け。次は牛野さんの大作とかでしょうか。

自作については相変わらずのペースで書き進んでいます。今回はとてもエンタメ色が強くなりそう。ミステリ成分はほとんどないですが、これでいいと思っています。それなりに良いものになるはず。
相変わらずシリーズものは難しいので手探りです。キャラだけ引き継いで次々と事件を起こしていくホームズ方式は楽チンですが、好みじゃないんですよね。ストーリーのたびにキャラクターが成長し、人間関係もダイナミックに変化していって欲しい。でも天化みたいなキャラクターが売りの小説でそれをやって良いのか、とか。爛漫は独立したエピソードにして避けたけど、2度使える手ではないですし。
といっても、リフォームが新家族への伏線というか、出来ちゃうんかい、みたいなのはギャンブルだったかなあ、とか。
金色の時に綺麗にまとめ過ぎたなあ、と後悔もあるけど、あれはあれで嫌いではないし。
でも、なるようにしかならないので、ベストを尽くすつもりで頑張ります。
ラベル:IT KDP スピッツ 雑談
posted by ヤマダマコト at 10:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする